2020年6月30日(火)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
イサキ タナ15〜30m 真潮0.4kt 南西 21℃ 大原沖 6〜23匹 24〜34p

イサキに出船。今日喰いが渋く、反応に乗せても数匹型は出るのですが、いずれも単発で数が伸び悩みました。色々なポイントを探り、一回流してはポイントを変えての釣りで、トップは23匹で殆どのお客さんは何とか二桁釣ってくれましたが、1人ビギナーの人が6匹に終わってしまいました。明日は予報が悪く予約はありません。

2020年6月29日(月)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
イサキ タナ15〜30m 逆潮0.2kt 微風 20.7℃ 大原沖 10〜37匹 25〜36p
鬼カサゴ 140m 真潮0.6kt 微風 21℃ 御宿沖 3〜5尾 0.6〜2.0k

イサキと鬼カサゴに出船。イサキは昨日の終盤大型、良型の釣れたポイントに向かいました。昨日ほどの反応ではないものの、一応反応に乗せると良型イサキのダブル、トリプルでスタートしましたが、その後は反応に乗せても型が出るだけで、完全にアテが外れてしまいました。せっかく沖の方へ出たのだから大型イサキのポイントを探りましたが最初の流しに型がでるもののその後はサッパリ当たらないので、昨日の朝方のポイントで数を伸ばし、トップは37匹、スソは何とか二桁の10匹でした。鬼カサゴは3〜5匹と皆さん複数釣ってくれました。明日はイサキは出船確定です。

2020年6月28日(日)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
イサキ タナ15〜30m 逆潮0.6〜0.2kt 20.7℃ 大原沖 11〜48匹 23〜38p
鬼カサゴ

イサキと鬼カサゴに出船。イサキは中盤までは中、小型主体のポイントで朝の内を中心に釣れていました。ある程度釣ったところで、アタリが悪くなってきたので、昨日全く釣れなかった大型、良型主体に釣れるポイントに再度攻めて見ました。今日は昨日よりも反応があり、仕掛けを投入して指示ダナでコマセを巻くと全員の竿が大型イサキ特有の竿を強く叩く引きで堪能しながら巻き上げてくると、どれも大型イサキであっちこっちから「デカイ?」 「大きい?」の声が聞こえてきました。さっきまでのポイントでも良型イサキも交じっては、いたのですが、比べて見るとひと回りも二回りも違いました。その後もハリスを切られたりしながらも、ダブルやトリプルなどもあり数が伸びて行きました。一人だけ11匹でしたが、その他のお客さんは30後半からトップは48匹で定量に僅かに届きませんでした。もう少し早く沖のポイントに向かっていれば定量になったと思いますが、それは次回の楽しみです。鬼カサゴはお客さんが2名だったので、比較的近い御宿沖を攻めて4匹、と5匹でした。明日はイサキの予約があります。

2020年6月20日(土)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
イサキ 15〜30m 真潮〜逆潮0.5〜0.3kt 18℃ 大原沖〜太東沖 イサキ 24〜36匹 23〜38p
鬼カサゴ 140m 真潮0.6kt 19℃ 太東沖 0〜6尾 0.5〜2.0k

イサキ&シマアジと鬼カサゴに出船。イサキ&シマアジは3名で出船。序盤は中、小型主体のポイントで小手調べといきました。開始早々ダブルやトリプルがあり、1時間くらいで各々15〜6尾釣れたとこで、大型良型主体のポイントに向かいました。反応に乗せると先ほどとは違って大型イサキの小気味いい引きが伝わってきて、大型、良型イサキがダブル、トリプルと釣れていました。同じポイントを攻めているとアタリが悪くなって来るのでポイントをその都度ずらしながら釣っていきトップは36尾、スソで24匹釣ったところでシマアジに向かいました。朝一番にシマアジを狙った僚船は型を見たようですが終盤から始めた自船は型を見ることができませんでした。鬼カサゴはアタリはまずまずだったようですが、釣る人が偏ってしまいトップ6尾が2人いたのですが、型見ずの人もいました。明日もイサキ&シマアジと鬼カサゴに出船確定です。

2020年6月17日(水)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
イサキ タナ10〜30m 真潮〜逆潮0.5〜0.3kt 17℃ 大原沖〜太東沖 イサキ22〜40匹 24〜38p

イサキ&シマアジに出船。中盤まではイサキを狙いました。ポツポツと釣れてはいましたが、中、小型主体であまり芳しくありませんでした。終盤シマアジを狙い、その近くのポイントの反応に乗せると良型、大型イサキのダブルやトリプルなどもあり今日一番盛り上がっていました。しかし残念ながらシマアジは不発に終わりました。明日はイサキと鬼カサゴに出船確定です。

2020年6月16日(火)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
イサキ&シマアジ タナ10〜15m 真潮〜逆潮0.5kt 微風 18℃ 太東沖 イサキ 13〜32匹 23〜27p シマアジ0〜2尾0.2〜0.3k
鬼カサゴ  130m  真潮0.2kt   微風 19℃ 御宿沖 2〜3尾 1.0〜2.3k

イサキ&シマアジと鬼カサゴに出船。イサキ&シマアジは序盤から中盤までイサキを狙いました。アタリは今一つでしたが、何とかお土産を確保して、終盤シマアジを狙いましたが、リリースサイズが数尾釣れただけでした。鬼カサゴは都合により御宿沖に向かいました。トップは3尾、スソでも2尾と皆さん良型を複数釣ってくれました。明日はイサキ&シマアジに出船確定です。

2020年6月13日(土)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
イサキ&シマアジ タナ10〜15m 真潮0.3kt 微風 15.7℃ 太東沖 イサキ4〜36匹 23〜38p シマアジ1〜6尾 0.3〜0.4k
鬼カサゴ  130m  真潮0.2kt   微風 17℃  太東沖  0〜5匹 0.6〜1.8k 

イサキ&シマアジと鬼カサゴに出船。イサキ&シマアジは、いつもと同じコースで中盤まではイサキを狙いました。良型、中型、小型交じりでトップは36匹でしたが、貸し竿ビギナーの親子連れは朝の流しで各々4匹、5匹釣って船酔いで寝てしまいました。終盤シマアジを狙いました。喰いは良くトップは6枚、スソで1枚と皆さん型をみてくれましたが、今日も良型に恵まれず、小型主体でした。喰い自体悪くないので、先週のような良型が交じるのを期待したいです。鬼カサゴは、トップは5匹、でしたが、1人だけ型を見ることが出来なかったようです。明日は今のところ鬼カサゴは出船確定です。

2020年6月10日(水)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
イサキ&シマアジ タナ10〜15m 真潮0.5kt 南西 20℃ 太東沖 イサキ14〜35匹 24〜37p シマアジ 0〜5尾(0は一人)0.3〜0.4k

イサキ&シマアジに出船。序盤から中盤まではイサキを狙いました。アタリは悪くなかったのですが、釣り座によって差が出てしまいトモの方は数も型も良かったのですが、その他の釣り座は中、小型主体でした。終盤シマアジを狙い、こちらも喰い自体は良かったのですが、小型主体でした。明日は予報が悪いのですが、イサキ&シマアジに出船します。

2020年6月9日(火)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
イサキ&シマアジ タナ10〜15m 真潮1.0kt 南西 18℃ 太東沖 イサキ28〜32匹 23〜34p シマアジ1〜2尾 0.3〜0.5kt
鬼カサゴ 120m 真潮2.5kt
南西 22℃ 大原沖 4人が1匹ずつ 0.6〜1.5k

イサキ&シマアジと鬼カサゴに出船。イサキ&シマアジはイサキを28〜32匹、シマアジは小型が1〜2尾でした。鬼カサゴは潮が速く苦戦したようです。明日もイサキ&シマアジと午後真鯛に出船します。

2020年6月8日(月)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
イサキ&シマアジ タナ10〜15m 出し真潮1.0kt 北東 19.1℃ 太東沖 イサキ22〜37匹 24〜38p シマアジ1尾 0.6k
鬼カサゴ 120m 真潮2.3kt 北東 21℃ 大原沖 1〜4匹 0.6〜1.4k

イサキ&シマアジと鬼カサゴに出船。イサキ&シマアジは序盤から中盤まではイサキを狙いました。水温が上がったせいか、昨日、一昨日よりもアタリ良く、イサキ専門に狙っていれば定量に届いたかと思います。終盤の2時間ほどはシマアジを狙いましたが、0.6kが1尾釣れただけでした。鬼カサゴは大原沖120mで潮が速く釣り辛いながらも全員が型を見てくれました。明日は今のところ予約はありません。

2020年6月7日(日)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
イサキ&シマアジ タナ10〜20m 真潮0.3kt 北東 16.8℃ 太東沖 イサキ12〜25匹 24〜37p
鬼カサゴ 120m 真潮1.7kt 北東 19℃ 御宿沖 0〜2尾 0.6〜1.4k

イサキ&シマアジと鬼カサゴに出船。イサキ&シマアジはイサキから始めました。アタリはあまり芳しくなかったのですが昨日よりは釣れました。シマアジは機嫌悪く姿を見せてくれませんでした。鬼カサゴは昨日までの絶好調ポイントには風で断念し、御宿沖のポイントに向かいましたが、潮が速くオマツリ続出で苦戦を強いられて、釣果も伸びていきませんでした。明日もイサキ&シマアジと鬼カサゴに出船します。

2020年6月6日(土)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
イサキ&シマアジ タナ10〜15m 真潮0.3kt 微風 16.8℃ 太東沖 イサキ3〜14匹23〜36p シマアジ0〜2尾 0.6〜2.2k
鬼カサゴ 120m 真潮1.7kt 微風 19℃ 大原沖 2〜10尾 0.5〜1.8k

イサキ&シマアジと鬼カサゴに出船。イサキ&シマアジは中盤まではイサキを狙いましたが、アタリが悪く3〜14匹の釣果でした。終盤シマアジを狙い数は釣れませんでしたが2k超級の良型が交じり0〜2尾の釣果でした。鬼カサゴは速い潮流に悩まされましたが、鬼カサゴは順調に釣れてトップは二桁10尾でスソでも2尾の釣果でした。明日もイサキ&シマアジと鬼カサゴに出船します。

2020年5月30日(土)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
鬼カサゴ 130m 真潮1.4kt 微風 18℃ 大原沖 1〜7尾 0.6〜2.5k ゲストもカンコ、ユメカサゴ、目鯛等多彩でした。
イサキ&シマアジ タナ10〜15m 真潮0.3kt 微風 17℃ 太東沖 イサキ 5〜29匹 23〜32p シマアジ0〜2尾 0.3〜0.8k

鬼カサゴとイサキ&シマアジに出船。鬼カサゴは大原沖で潮の流れ良く良型主体に順調に釣れてトップは7尾、スソで1尾と皆さん型をみてくれました。イサキ&シマアジは序盤はシマアジを狙いましたが小型のシマアジ2尾とイサキが数匹釣れただけで、ほとんどの人はアタリがありませんでした。中盤はイサキを狙って、お土産を確保して、終盤再びシマアジを狙いましたが0.8kのシマアジが1尾釣れただけでした。明日もイサキ&シマアジと鬼カサゴに出船確定です。

2020年5月28日(木)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
イサキ タナ10〜15m 真潮0.3kt
16.5℃ 太東沖 4〜19匹 24〜32p
 &シマアジ   0〜1尾 0.4〜0.5k

イサキ&シマアジに出船。一昨日釣れたポイントから始めましたが、シマアジはおろかイサキまでもくいわるく非常に苦戦しました。全員に当たるような反応に乗せてもイサキが数匹釣れるだけで数が伸びていきませんでした。余りにもアタリが悪いので、途中からイサキ狙いのポイントで少しイサキを釣り、終盤再びシマアジを狙いましたが、小型が2尾釣れただけでした。一昨日みたいに同じポイントでイサキを釣りながらシマアジが交じれば流してられるのですが、今日みたいにシマアジが不発だと何も釣れないとなると厳しくなりますね。シマアジ専門で粘っていた僚船はいい流しがあったみたいです。明日もイサキ&シマアジに出船します。

2020年5月26日(火)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
イサキ タナ10〜15m 真潮0.3kt 微風 17.7℃ 太東沖 イサキ 7〜39匹 25〜36p
 &シマアジ           シマアジ 0〜6尾 0.6〜1.1k 

コロナウイルスによる緊急事態宣言とパソコンの調子が良くなかったため暫く更新できませんでした。今日はシマアジ&イサキに出船しました。イサキは中型主体で7〜39匹で、シマアジは中乗りの裕介は9尾食わせましたが、根に潜られたり、バレたりしながらも、0.6〜1.1kを6尾釣りました。隣で釣っていた私の孫も2尾釣りましたが、何故かお客さんには、アタリが
ありませんでした。明日は今のところ予約はありません。

2020年4月23日(木)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ハタ&ヒラメ 50〜70m 真潮0.3〜1.7kt 北西 16℃ 大原沖 ヒラメ 0〜4枚 0.8〜7.2k ハタ0〜1尾0.7〜1.2k
ヤリイカ 130m 真潮0.7kt 北西 15℃ 勝浦沖 6〜71杯 25〜48p

ハタ&ヒラメとにヤリイカに出船。ハタ&ヒラメはヒラメの方がアタリが多く、しかも6k超級、7k超級も交じって良型主体に釣れていましたが、若干名型を見ることができませんでした。ヤリイカ船は昨日と違って凪の一日で順調に乗っていましたが、釣り初心者の貸し竿のお客さんが6杯でした。明日もハタ&ヒラメ船とヤリイカに出船確定です。

2020年4月22日(水)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ハタ&ヒラメ 55〜60m 1.4kt 南西 15℃ 大原沖 ヒラメ0〜3枚 0.7〜7.4k ハタ0〜2尾 0.6〜1.4k
ヤリイカ 150m 出し潮0.3kt 南西の強風 14.5℃ 勝浦沖 11〜30杯 24〜45p

ヤリイカとハタ&ヒラメに出船。ヤリイカ船は南西の強風で苦戦しました。中盤までは型は出るのですが、多点掛けがなく、数が伸びていきませんでした。終了間際に乗り出してきたのですが、トップは30杯ジャストでスソは11杯でした。ハタ&ヒラメは最大7.4kの大鮃を筆頭に良型主体でしたが、ヒラメ、ハタともに若干名型を見ることができませんでした。明日もハタ&ヒラメとヤリイカに出船します。

2020年4月21日(火)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ハタ&ヒラメ 55〜60m 真潮1.8kt 南西 16.8℃ 大原沖 ヒラメ2〜7枚1.2〜4.1k ハタ0.6〜1.1k 1〜2尾
ヤリイカ 150m 真潮1.0kt 南西 16℃ 勝浦沖 16〜68杯 25〜48p

ハタ&ヒラメとヤリイカに出船。ハタ&ヒラメは潮の流れ良く序盤から終盤まで良型、大型主体に順調に釣れていました。良型主体にもかかわらず、バラしも結構ありましたが、トップは7枚、2番手6枚、・・・スソでも2枚と皆さん複数枚釣ってくれました。ハタは朝内に釣れて0.6〜1.1kを1〜2尾の釣果でした。ヤリイカも概ね順調に乗ったようです。中盤サバの邪魔があったようですが、トップは68杯でスソは16杯でした。明日もヤリイカとハタ&ヒラメの予約がありますが、南西の強風が予想されるので、朝から吹くようだとヤリイカは勿論、沖のハタ&ヒラメにも行けないと思います。

2020年4月11日(土)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ハタ 30〜50m 逆潮0.7kt 北西 15℃ 太東沖 0〜2尾 0.8〜1.5k ゲストのヒラメ0〜2枚2.3〜7.3k
ハタ 30〜50m 0〜2尾 0.6〜1.3k ゲストのヒラメ0〜4枚 0.6〜4.0k

新コロの感染予防のため乗船を制限して2艘で出船。昨日と同じポイントから始めました。マトウダイが活発に当たりその隙をついて、ハタとゲストのヒラメが釣れる状態で数が伸びていきませんでした。1人だけハタもゲストのヒラメの型を見ることができませんでしたが、その他のお客さんはハタと良型、大型ヒラメをゲットしてくれました。もう1艘も1人だけ型を見ることが出来なかったようです。明日はキントキ&ハタのリレー船とハタ専門で出船します。

2020年4月10日(金)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ハタ&ヒラメ 50〜30m 逆潮0.2kt 北西 15℃ 太東沖 ハタ0〜3尾 0.7〜1.3k ヒラメ1〜4枚(4枚2人)1.3〜3.5k

ハタ&ヒラメに出船。中盤までは良型ヒラメ主体に釣れて皆さん型をみてくれました。終盤ハタが釣れてきましたが、ヒラメ4枚釣った私の孫だけ型を見ることができませんでした。明日もハタ&ヒラメに出船します。

2020年4月8日(水)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ハタ 50〜70m 真潮1.4〜1.9kt 北西 16.4℃ 大原沖〜岩船沖 0〜3尾0.7〜1.4k ゲストのヒラメ0〜2枚1.2〜3.2k

ハタ専門で出船。スタートはハタ数尾とゲストのヒラメ数枚釣れて滑り出しは順調でした。しかし二流し以降はアタリが遠くなってきた上に潮も速くなってきて、オマツリ続出で数が伸びていきませんでした。中盤以降岩船沖に移動してハタ、ヒラメの型が出ていましたが、型見ずの人が2人いました。明日もハタ専門で出船します。

2020年4月5日(日)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ヒラメ専門 30〜60m 逆潮0.5〜真潮1.2kt 北東 15℃ 太東沖〜大原沖 0〜4枚1.1〜3.3k
ハタ専門 50〜60m 真潮1.2kt 北東 15℃ 大原沖 0〜3尾 0.6〜3.0k ヒラメ0〜5枚 1.2〜3.5k

ヒラメ専門とハタ専門で出船しました。ヒラメ専門は太東沖の水深30m前後のポイントから始めましたが、型が出ても単発で終わる事が多く数が伸び悩んでいました。大根方面に行こうか大原沖の方へ行こうか悩みましたが、ハタ専門船で大型ヒラメが交じりながら型が出ているとのことなので、大原沖水深50〜60mのポイントに向かいました。ポイントに着くと潮通し良くすぐに3k超級のヒラメのトリプルヒットがありその後もハタ交じりでポツポツと釣れてほとんどの人が型を見ることが出来ましたが一人だけ運に恵まれませんでした。ハタ専門は、ハタとヒラメでお土産になりました。明日は定休日です。

2020年4月3日(金)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ハタ 45〜70m 真潮1.0kt 17℃ 岩船沖 2〜5尾 0.6〜1.4k ゲストのヒラメ0〜2枚 1.0〜3.5k

ハタ専門で出船。序盤から中盤までアタリが今一つでしたが、終盤になると当たり出してきて、それまで何も釣ってない人が、ハタ4尾とゲストのヒラメを釣っったりして船上が活気づいていました。トップは0.6〜1.4kを5尾でスソは2尾でゲストのヒラメ0〜2枚でした。明日はハタ専門に出船確定です。

2020年3月27日(金)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ヒラメ専門 40m 真潮1.0kt 南西 15.3℃ 大原沖 0〜4枚(2番手3枚) 1.7〜4.5kゲストのハタ0〜1尾0.6〜1.3k
ハタ専門 60m 真潮1.0kt 南西 15,3℃ 大原沖 0〜3尾 0.6〜1.5k ゲストのヒラメ0〜3枚 1.5〜3.3k

ヒラメ専門とハタ専門で出船。ヒラメ専門は良型、大型主体に釣れていました。型見ずの人が2人いましたが、ゲストのハタを釣ってくれました。ハタ専門の方は一人だけハタもゲストのヒラメの型を見ることができませんでした。明日は予報悪くキャンセルになりました。

2020年3月25日(水)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ヒラメ専門 15〜40m 逆潮0.3kt 北西 13.7℃ 港前〜太東沖 0〜3枚(3枚2人)0.8〜3.2k 
ハタ専門 50m 真潮0.4kt 北西 15℃ 大原沖 0〜2尾 0.6〜2.3k
午後ヤリイカ  125m 真潮0.3〜0.7kt 15.7℃ 勝浦沖 8〜44杯 32〜52p

ヒラメ専門とハタ専門と午後からのヤリイカに出船。ヒラメ専門は港近くのポイントにイワシの反応があったので、そこから始めましたが2枚しか釣れず反応も少なくなってきて、その後はサッパリ当たらなかったので、沖の方へと移動しました。おくればせながらここで良型主体に釣れていましたが、若干名型を見ることができませんでした。マハタ専門も1人だけ型を見ることが出来なかったようです。午後のヤリイカ船は一流しめはサバの邪魔もなく多点掛けもあり順調な滑り出しでした。しかし次第にサバのアタリが活発になり、直結仕掛けの人やブランコのツノの数を3本にしたりして型が出ていました。一人だけ一桁でしたが、トップは44杯でほとんどの人は30杯くらい釣ってくれてお土産になりました。明日はハタ専門に出船確定です。

2020年3月24日(火)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ヒラメ専門 15〜10m 逆潮1.0kt 北西 13.5℃ 大原沖〜岩船沖 1〜3枚 1.1〜2.3k
ハタ専門

ヒラメ専門とハタ専門で出船。ヒラメは朝の一流しめに数枚釣れたのですが、その後はサッパリ当たらず、このままだとまずいなぁと思っていたら、終盤イワシの反応の中で2k級主体に釣れてトップ3枚が2人で、スソで1枚でした。小6の私の孫は5打数2安打の2枚でした。ハタ専門船は本命のハタとゲストのヒラメでお土産になったようです。明日もヒラメ専門とハタ専門で出船します。

2020年3月21日(土)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ハタ 50m 真潮0.7〜1.1kt 南西 13.7℃ 大原沖 0〜3尾 0.7〜2.0k ゲストのヒラメ0〜4枚 1.0〜4.4k
ハタ 0〜4尾 0.6〜3.0k ゲストのヒラメ0〜2枚 0.8〜6.2k

マハタに2艘で出船。潮の流れ良く序盤から中盤までは順調でした。終盤アタリが今一つだったため両船とも若干名型を見ることができませんでした。それでも良型、ヒラメやハタを複数尾釣った人、ハタだけの人、ヒラメだけの人と各々楽しんでくれたようです。明日は仕立て船とヒラメに出船します。

2020年3月19日(木)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ヒラメ専門 25〜45m 真潮0.3kt〜1.2kt 南西 14.7℃ 大原沖〜岩船沖 1〜4枚 0.9〜3.4k
ハタ専門 50〜60m 真潮0.8kt 南西 16℃ 大原沖 0〜7尾 0.6〜2.3k

ヒラメ専門とハタ専門で出船。ヒラメ専門は中弛みはありましたが、序盤と終盤に釣れて、5名のお客さん全員が2k超級のヒラメをゲットしてくれて、0.9〜3.4kのヒラメを1〜4枚の釣果でした。2.6kのヒラメ1枚の人が一人いましたが、その人は1k級のハタを2尾釣ってくれて「充分にお土産になりました。」と言っていました。ハタ専門の方も順調に釣れていましたが、1人だけ運に見放された人がいました。明日はハタ専門で出船予定ですが、南西の強風が吹く予報なので、近場のヒラメ釣りになるかもしれません。

2020年3月18日(水)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ヒラメ専門 25〜40m 真潮0.3kt 北西 14.7℃ 大原沖〜岩船沖 2〜3枚 0.7〜1.5k
ハタ専門 50〜60m 真潮0.8kt 北西 16℃ 大原沖 1〜4尾 0.7〜1.8k

ヒラメ専門とハタ専門で出船。ヒラメ専門はお客さん二人と私と孫の4人の釣行で、0.7〜1.5kが2枚、2枚、3枚、3枚でゲストのハタは私の孫だけ当たらず、0.9〜1.7kが0〜2尾でした。ハタ専門は0.7〜1.8kが1〜4尾でゲストのヒラメは1.0〜2.8kが0〜1枚でした。明日もヒラメ専門とハタ専門で出船します。

2020年3月13日(金)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ヒラメ専門 15m 出し潮0.2〜真潮1.2kt 南西 13.7℃ 大原沖〜大井前 1〜2枚(2枚3人)0.7〜2.6k
ハタ専門 60m 真潮0.8kt 南西 15.6℃ 岩船沖〜大原沖 1〜5枚 0.7〜2.6k

ヒラメせん専門とハタ専門で出船。ヒラメ専門は港近くのポイントで朝の一流しに数枚釣れたのですが、その後はサッパリ当たらずイワシの反応を求めて、太東沖の方へ移動しましたが、全く当たらず、今度は大原沖の方へとポイントを変えながら探ってみましたが、潮が流れないせいか全く釣れませんでした。最後に行った大井前のポイントに移動すると南西の風が強く吹いて来て流れが良くなってきたからか仕掛けを投入するとすぐに型が出て、その後もバラしもありながら型が出ていました。太東沖に行かず南の方に移動していればもう少し釣果は伸びていたと思いますが、皆さん良型を釣ってくれたので、そこは何よりだったと思います。ハタ専門は朝の一流し目から順調に釣れていました。明日もヒラメ専門とハタ専門で出船します。

2020年3月12日(木)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ハタ 40〜50m 真潮0.3〜1.0kt 北西 15℃ 岩船沖 0〜4尾(4尾は二人)0.6〜2.4k 
ヒラメ 15〜30m 逆潮0.7kt 北西 14℃ 大原沖 0〜3枚 0.6〜2.5k

ハタ専門とヒラメ専門に出船。ハタ専門船は昨日順調に釣れたポイントから始めましたが、昨日潮の動きが悪くアタリが今一つでした。何とか型が出るものの型も小型主体でした。潮が動き出した終盤に本日最大の2.4kのハタとゲストの3k超級のヒラメが2枚交じりました。ハタの型見ずの人は2人いましたが、ヒラメを釣ってくれて何とかお土産になりました。ヒラメ船も若干名型を見ることができませんでした。明日もヒラメ専門とハタ専門に出船します。

2020年3月8日(日)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ヒラメ専門 15m 逆潮1.3kt 11.7℃ 太東沖 0〜3枚 1.4〜4.7k
ハタ 50m 真潮0.3kt 15.6℃ 岩船沖 0〜2尾 0.8〜2.0k

ヒラメ専門とハタ専門で出船。ヒラメ専門は潮の流れ良くイワシの反応も時折あって、アタリがは少な目でしたが、当たれば良型、大型ばかりでした。2k未満は1枚だけで、それ以外は2k超級、3k超級、最大4.7kが0〜3枚でした。トップ3枚2人で貸し竿の高校生が1人だけ型を見ることができませんでした。ハタ専門船は0.8〜2.0kが0〜2尾でゲストのヒラメも0.8〜2.5kが0〜2枚でした。明日予報が悪くキャンセルになりました。

2020年3月3日(火)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ハタ 40〜50m 真潮0.2kt 15.7℃ 大原沖 1〜5尾 0.7〜2.0k

ハタに出船。開始早々から型を見せてくれたのですが、バタバタと当たることはなく、様々なポイントで1尾、2尾と溜めていき、お。7〜2.0kをトップは5尾、2番手4尾、3尾が複数人で、1尾は一人だけで皆さん型を見てくれました。ゲストはヒラメとカサゴが交じりました。明日ハタ専門船とフグ専門に出船します。

2020年2月27日(木)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ヒラメ 15m 逆潮1.4kt 12℃ 太東沖 0〜2枚 1.0〜4.6k

ハタとヒラメ専門で出船予定でしたが、犬吠埼が北の風14mと吹いていたので、ヒラメ専門で出船しました。太東沖の水深15mのポイントで釣り始めるとすぐに2k超級と3k超級のダブルヒットで始まりました。その後はアタリが少な目でしたが、当たると良型、大型ヒラメが釣れていました。中乗りの裕介を含め9人で1人だけ型を見ることができませんでしたが、祐介の釣ったヒラメをお土産にしてもらいました。明日ハタ専門船は出船確定です。

2020年2月24日(月)

2艘でヒラメ&ハタのダブルターゲットに出船。1艘はヒラメ0.9〜2.4kを0〜5枚、ハタ0.7〜2.2kを0〜2尾、もう1艘はヒラメ1.0〜3.4kを0〜3枚、ハタ0.6〜2.6kを0〜5尾の釣果でした。明日はヒラメ&ハタに出船確定です。

2020年2月22日(土)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ヒラメ 15m 真潮1.5kt〜0.3〜1.5kt 南西強風 14℃ 大原沖〜太東沖 0〜3枚 0.6〜3.0k ゲストの5kのサワラ
ハタ

ヒラメ専門船とハタ専門船で出船予定でしたが、南西の強風と雨とのダブルパンチの中、ハタのポイントへは無理だったので、近場でヒラメを狙いました。序盤から数枚ずつ釣れ風が一時凪て潮が流れなくなった時に中弛みがありましたが、再び風が入れ直して流れ出すとヒラメの型が出始めましたが、若干名型を見ることができませんでした。型を見た人はほとんどが複数枚釣ってくれました。ハタ船は風が凪た時に一番近いハタのポイントに向かいハタと数尾釣って再び風が強く入れ直して来た時に帰港しました。明日はヒラメ&ハタ船で出船します。

2020年2月21日(金)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ヒラメ 15m 逆潮1.0kt 北東 12.5℃ 太東沖 0〜4枚 1.8〜4.6k
ハタ 40〜70m 逆潮0.8kt 北東 15℃ 太東沖 1〜4尾 0.7〜2.5k

ヒラメ専門とハタ専門で出船。ヒラメ専門船は太東沖の水深15mのポイントに向かいました。イワシの反応はそれほど多くなく、アタリも少な目でした。しかし少ないチャンスを確実にものにしてくれたお客さんは型を見てくれましたが、一人だけヒラメをかけながらもバラしてしまったひとが型を見ることができませんでした。きょうは小型が交じらなかったのでもったいなかったと思います。ハタ専門船は皆さん型を見てくれました。明日もヒラメ専門とハタ専門で出船確定ですが、ハタのポイントへ行けるのは風次第だと思います。

2020年2月20日(木)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ヒラメ 15m 逆潮0.7kt 13.9℃ 太東沖 1〜3枚 1.1〜3.3k
ハタ 40〜70m 真潮0.4kt 15.6℃ 大原沖 1〜6尾 0.7〜2.5k

ヒラメ専門とハタ専門で出船。ヒラメ専門船はお客さん2人と私の3名で、太東沖の15mのイワシの反応の中での釣行。開始早々私の竿に3.3kの良型が喰って来ました。イワシの反応の中の肉厚のヒラメはパワーがあるなぁと思っていると、今度はトモのお客さんの竿が曲がっていました。その後二流しで皆さん型を見てくれてホッとしたのがいけなかったのかイワシの反応の中なので、もう少し数を伸ばしたかったです。ハタ専門は11名で皆さん型を見てくれました。明日もヒラメ専門とハタ専門で出船確定です。

2020年2月18日(火)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ハタ 15〜30m 出し潮1.2kt 西 15℃ 太東沖 0〜3尾 0.8〜2.2k
ヒラメ 15〜30m 出し潮 西 15℃ 太東沖 0〜7枚 1.3〜5.2k

ハタ専門とヒラメ専門で出船予定でしたが、夜半過ぎまでの南西の強風が収まってきたものの野島崎の実況が未だに風速18mになっていたので、ハタ専門のお客さんをヒラメ船に乗船してもらって凪次第ハタのポイントに向かうということで出船した所思ったよりも凪だったので、ハタのポイントはヒラメも交じるので沖のポイントに向かいました。朝の一投目に良型のヒラメのダブルヒットでスタートしました。明るくなればハタも上がるだろうと思っていましたが、その後の流しでもヒラメばかりでハタは中々あたりませんでした。8時過ぎに漸くハタの型をみましたが活発に当たるヒラメの合間にハタが釣れる感じでした。ヒラメは1.3〜5.2kがトップ7枚、2番手5枚が2人・・・でしたがヒラメ専門できたお客さんの一人が型を見ることができなかったのですがハタを3尾釣ってくれました。ハタの方もハタ専門できた一人のお客さんが型を見ることができなかったのですが、こちらも良型、大型ヒラメを5枚釣る皮肉な結果となりました。中乗りの裕介は今日も大型、良型のヒラメと良型ハタを水揚げしました。明日はハタ専門で出船確定です。

2020年2月16日(日)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
鮃専門 25〜35m 真潮0.5kt 微風 15℃ 太東沖 1〜2枚 1.4〜2.6kゲストのハタ0.8〜3.2k 2〜7尾
ハタ専門 20〜30m 真潮0.5kt 微風 15℃ 太東沖

ヒラメ専門とハタ専門で出船。ヒラメ専門はお客さんが少ないので港近くの浅場に行こうと思いましたが、燃油代を省みず沖のポイントに向かいました。朝の一流しめに私を含め4本の竿が絞り込まれ、良型のヒラメとハタが上がり2投目もハタとヒラメが釣れて一流し終えるころは皆さん本命のヒラメをゲットしてくれました。その後は何処へ行ってもハタは釣れるのですがヒラメは上がりませんでした。ヒラメは1.4〜2.6kを1〜2枚、ゲストのハタは0.8〜3.2kを2〜7尾の釣果でした。ハタ専門船も良型主体で本命のハタとゲストヒラメが序盤からアタリ良く好調に釣れていました。明日は定休日です。鯛の写真は昨日の夕釣りのものです。

2020年2月14日(金)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ハタ 30〜35m 出し逆潮0.4kt 北西 14.6℃ 太東沖 2〜7尾 0.8〜3.5k
ゲストのヒラメ 0〜3枚 1.3〜4.1k

ハタ専門に出船。太東の水深30〜35mのポイントの第一投目に3.6kと4.1kの大ヒラメのダブルヒットで幕をあけました。しかしその後は良型ヒラメの型は出るのですが本命のハタの姿を見られませんでした。7時半過ぎに本日最初のハタが釣れましたが、アタリ悪くそのごしばらくはサッパリ釣れませんでした。8時半過ぎに行った小さな根の上の反応に乗せて見ると全員の竿が絞り込まれていき、そのいずれも1k超級〜3.5kのハタでした。この流しから釣況が好転して流す度にハタのダブルやトリプルヒットがあり釣果が伸びていきました。釣果は本命のハタ0.8〜3.5kが2〜7尾、ゲストの鮃が1.3〜4.1kが0〜3枚(0は1人)。特に中乗りの裕介君はハタの1k超級4尾、2k超級2尾、3.5k1尾、ゲストの鮃1.6〜4.1kを3枚釣って水揚げして月末が楽しみだと言っていました。明日はハタ専門とヒラメ専門に出船します。

2020年2月12日(水)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ヒラメ専門 30〜37m 出し潮1.0kt 北西 13℃ 太東沖 1〜5枚が2人 0.9〜4.3k ゲストのハタ1〜5尾 0.5〜4.6k
ハタ専門 30〜37m 出し潮1.0kt 北西 13℃ 太東沖 0〜4尾 0.5〜3.0k ゲストの鮃 0〜7枚 0.6〜3.5k

ヒラメ専門とハタ専門に出船。昨日港前のポイントで他船は釣れても自船は小型のヒラメが数枚釣れただけだったので、昨日ハタ船で良型ヒラメが釣れたポイントに向かいました。ハタ専門船と同じポイントを流しているとハタ専門船はヒラメばかりでヒラメ専門船はハタばかりという皮肉な結果になってしまいました。その後の流しで、両船とも大型、良型のヒラメとハタが活発に喰い、ヒラメ船は0.9〜4.3kがトップ5枚が2人で、2番手4枚が2人で、3枚、2枚、スソで1枚と皆さん2k級主体で型を見てくれました。ゲストのハタもこれまた1〜5尾で最大4.6k、2k超級も交じりながら釣れて昨日と違って充実した釣行でした。ハタ専門船は0.5〜3.0kが0〜4尾でゲストのヒラメは0.6〜3.5kが0〜7枚でした。明日は悪天候が予想されるので予約はありません。予想される予想されるので予約はありません。

2020年2月10日(月)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ヒラメ専門 15〜40m 出し逆潮0.5kt 北西 12℃ 港前〜岩船沖 0〜5枚 0.6〜1.8k
ハタ&鬼カサゴ 出船中

ヒラメ専門と仕立て船のハタ&鬼カサゴで出船。ヒラメ専門船は朝の二流しに活発に釣れましたが、アタリがあるのが右舷側に集中してしまい右舷側は皆さん型をみてくれましたが左舷はサッパリ当たりませんでした。横流しで交互に流したのですが、不思議なことにどっちに向けても釣れるのは、右舷側でトップは5枚でスソは1枚でしたが、左舷のお客さんは型を見ることができませんでした。仕立て船のハタ&鬼カサゴはまだ操業中で帰港してません。明日はハタ専門とヒラメ専門に出船確定ですが、またまた風予報なのが気になります。

2020年2月9日(日)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ハタ 30〜50m 逆潮0.5kt 北西の強風 13.6℃ 太東沖 0〜4尾 0.5〜2.4k ゲストのヒラメ0〜2枚0.9〜3.2k
別船ハタ 30〜50m 逆潮0.5kt 北西の強風 13.6℃ 太東沖 0〜4尾 0.7〜2.5k

2艘でマハタに出船。北西の強風が予想される中、夜明け前はさほど吹いていなかったので昨日釣れた沖のポイントまで向かいました。しかしポイントに近づくにつれ風が増してきて、6時の開始時間には、全く身動きの取れないくらい吹いて来てしまいました。流して直ぐに1k未満のハタと1.5kのヒラメが釣れましたが、潮回りができないので風がの吹くままに流していましたが、1k未満のハタが数尾釣れただけであまり芳しくありませんでした。お客さんも肌を突き刺すような冷たい風と波しぶきに耐えながら頑張ってくれました。ほんの少し風が弱まった隙にポイント移動しました。ここでハタが9尾、ヒラメが5枚釣れて、一息つきました。その後次第に凪て来て色々なポイントを探り溜めて行きましたが、若干名型を見ることができませんでした。明日はハタ専門とヒラメ専門に出船確定です。

2020年2月8日(土)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ハタ 30〜50m 真潮0.7〜逆潮0.4kt 15〜13℃ 太東沖 1〜3尾 0.6〜2.6k
鬼カサゴ 130m 真潮0.3kt 16℃ 御宿沖 0〜2匹 0.6〜1.5k

ハタ専門と鬼カサゴに出船。ハタは大原沖水深50mを流していましたが、型があるものの、ここ数日よりもアタリが少なかったので、太東よりのポイントまで移動しました。ここでポツン、ポツンと釣れて、殆どのお客さんは1k級〜2k級を3尾ずつ釣っていました。1人だけ1尾だったのですが1.5kのハタだったのでお土産になりました。ゲストに真鯛の3k超級とやはり3k超級のヒラマサ2本交じりました。鬼カサゴは1人だけ型を見ることができませんでした。明日はハタ専門に出船確定ですが、風予報なのが気になります。

2020年2月7日(金)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ハタ 30〜70m 真潮0.3kt 16℃ 大原沖 0〜5尾 0.6〜6.0k ゲストにヒラメ サワラ数匹

ハタに出船。大原沖水深30〜70mでここ数日より釣れる数はへりましたがその分大型、良型がそろいました。6.0kを筆頭に3.3k、2k超級も釣れました。ゲストにヒラメやサワラも交じり殆どのお客さんはお土産になりましたが1人だけ型を見ることができなかったので、中乗りの裕介君が釣ったハタをお土産にしてもらいました。ちなみに祐介は6.0kと1k〜2k超級を5尾釣って水揚げしました。明日はハタ専門と鬼カサゴに出船します。

2020年2月6日(木)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ヒラメ専門 15m 逆潮1.5〜2.0kt 北西の強風 13℃ 太東沖 0〜2枚 0.5〜3.6k
ハタ専門 30m 逆潮0.4kt 北西の強風 14.5℃ 大原沖 0〜4尾 0.6〜2.0k ゲストの鮃
0〜2枚 0.8〜3.3k

ヒラメ専門とハタ専門で出船。ヒラメ専門船は北西の強風で横流しで流れは速かったのですが、水温低下と潮色に濁りが入ったため、アタリがかなり悪く非常に苦戦しました。何とか3.6kの大型は釣れたものの厳しい一日でした。ハタ専門は風予報だったので無理かと思いましたが、明け方までは風弱くこの機に乗じて近場のハタのポイントに向かいました。夜が明けてくると風が次第に強くなってきて、身動きの取れない状態になってしまいましたが、このポイントでハタの型が出てくれて、ゲストのヒラメも交じって、ハタの型を見なかった人もヒラメを釣ってくれてお土産になりました。明日はハタ専門に出船確定です。

2020年2月5日(水)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ハタ 40〜50m 出し真潮0.5kt 北西 15.9℃ 大原沖 1〜7尾 0.5〜4.9k
仕立て船のハタ 30m 出し真潮0.5kt 北西 15.9℃ 大原沖 2〜5尾 0.5〜2.3k

ハタ専門に仕立て船と乗り合い2艘で出船。乗り合い船は朝の一流しめは4.8kの大ヒラメが釣れただけでしたが、昨日同様明るくなるにつれ本命ハタの型が出てきました。昨日より若干喰いが悪い感じがしましたが、4.9kの大型のハタも上がり皆さん型を見てくれました。仕立て船も全員が型を見たようです。明日はヒラメ専門とハタに出船します。

2020年2月4日(火)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ハタ 30〜50m 真潮0.8kt 16℃ 大原沖 2〜8尾 0.5〜2.5k

ハタに出船。朝の暗いうちは全く当たりませんでしたが、明るくなってくると、型を見せ始め、その後も1k級主体に順調に釣れて、トップは8尾、スソで2尾と皆さん1k級を複数尾釣ってくれて、楽しめたと思います。明日もハタに出船します。

2020年2月2日(日)
2020年2月2日(日)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ヒラメ&ハタ 40〜50m 真潮0.2〜0.7kt 14〜15.7℃ 太東沖〜大原沖 ヒラメ0〜1枚 0.8〜2.4k ハタ0〜4尾 0.5〜1.8k
ヒラメ  15m  逆潮0.6kt   北 14℃  東浪見下  0〜1枚 1.3〜2.8k 
午後真鯛 25m 出し潮0.5kt 15℃ 太東沖 3〜10尾 0.4〜2.6k

仕立て船のヒラメ&ハタとヒラメ専門に出船。ヒラメ&ハタ船は、昨日大型、良型ヒラメとハタが好調に釣れた太東沖の水深50mのポイントに迷うことなく、向かいましたが水温低下と潮の流れ緩慢のせいなのか、サッパリ当たらず、小型のヒラメと黒メバルが釣れただけで、昨日と同じポイントとは思えないほどでした。そんな状態が中盤まで続き、この状態を打開すべく、大原沖まで大移動しました。最初のポイントで1k級のダブルヒットがあり、その後は良型ヒラメのダブルヒットや良型ハタのトリプルヒットなどがあり船上が活気づいてきましたが、如何せん時間が足らず、若干名型見ずの人を出してしまいました。ヒラメ専門船もアタリ少なく苦戦しました。午後真鯛は序盤からアタリ良く6名全員が最大2.6kで1k超級主体で複数枚釣ってくれました。トップは二桁10尾でスソでも3尾と好調に釣れていました。明日は定休日です。

2020年2月1日(土)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ヒラメ 30〜50m 逆潮0.4kt 北西 15℃ 太東沖 0〜3枚 0.6〜4.5k ゲストのハタ 0〜3尾 0.7〜1.7k
ハタ専門

ヒラメ専門とハタ専門で出船。昨日不調だった灘のポイントは更に濁りが入り水温も12℃台だったので、好釣果が期待できないと判断して、太東沖の30〜50mのポイントに向かいました。序盤はあまり芳しくありませんでしたが、水深50mのポイントで、大型、良型のヒラメとゲストのハタで活気づいていました。トップは2k超級〜4k超級のヒラメ3枚と1k〜1.5kのハタ2尾、もう一人2k超級〜本日最大の4.5kのヒラメをこちらも3枚、その他の人もヒラメ又は良型のハタをゲットしてお土産になりました。ハタ専門の方も序盤は大原沖で不調でしたが太東沖に移動してから好転、15名で1人だけ型を見ることができませんでした。明日はヒラメ専門と仕立て船と午後真鯛に出船確定です。

2020年1月31日(金)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
サバ&鬼カサゴ 140〜160m 込潮0.3kt 北西 17℃ 御宿沖 0〜3匹 0.9〜1.7k
ヒラメ専門 15m 逆潮1.3kt 北西 14.5℃ 大原沖 0〜3枚

時化のため四日ぶりの出船はサバ&鬼カサゴとヒラメ専門で出船。サバ&鬼カサゴは今が油ノリノリの寒サバを2時間ほど釣ってお土産を確保してから鬼カサゴに転向、北西の強風で海が悪く釣り辛くアタリも少な目でしたが、トップは少ないチャンスをものにして、何とか良型を三匹ゲットしてくれましたが、型見ずの人もいました。ヒラメ専門船もアタリ少なくこちらもトップは三枚でしたが、やはり型見ずの人がでてしまいました。明日もヒラメ専門とハタ専門と真鯛の夕釣りに出船確定です。

2020年1月26日(日)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ヒラメ 7〜10m 逆潮0.6kt 14.5℃ 太東沖 0〜4枚 0.5〜1.0k
別船ヒラメ 7〜10枚 0〜4枚 0.5〜1.7k

ヒラメに出船。冷たい雨と寒さの中、お客さんも頑張ってくれたのですが、小型のヒラメが主体で数、型ともに不満足な一日でした。

2020年1月24日(金)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ハタ専門 30〜40m 逆潮0.3kt 16℃ 太東沖 1〜11尾 0.5〜1.9k ゲストに大型キントキ ヒラメ カサゴ交じる、
ヒラメ専門 10m 逆潮0.6kt 16℃ 大原沖 0〜3枚 0.5〜2.3k

ハタ専門とヒラメ専門で出船。ハタは潮が流れなかったため根周りを丹念に探って、今日も1k級主体に好調に釣れていました。トップは二桁11尾で、スソは1尾でしたが、8名で船中48尾でしたから、平均の6尾でした。ヒラメ船は1人だけ型を見ることができませんでした。明日はヒラメ専門で出船します。

2020年1月22日(水)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ヒラメ専門 30〜40m 逆潮0.4〜0.7kt 北東 14〜17℃ 太東沖 ヒラメ 0〜2枚 1.2〜2.6k ゲストのハタ3〜8尾 0.6〜2.8k
ハタ専門

ヒラメ専門とハタ専門で出船。ヒラメ専門は昨日釣れたポイントから始めましたが、水温低下で潮に濁りが入り、潮流も緩慢だったため全く当たらず、他船の釣果も芳しくないので、沖へ沖へと移動して色々なポイントを探りましたが、魚のアタリが全くなく8時過ぎまで、魚一匹船に上がりませんでした。こうなったら何でもいいから魚のアタリを得ようと、先日ハタが爆釣した太東沖のポイントに向かいました。ポイントに着いて直ぐにアタリがあり、本日最初のアタリは1.5kのヒラメでした。その人が再び仕掛けを投入すると今度は1.3kのヒラメを続けて釣ってくれて、ヒラメの型を見れてホッとしていると左舷大ドモで1k超級のハタ釣れ、これでスイッチが入ったように1k級主体に最大2.8kのハタが活発にアタリだし一時入れ食い状態になりました。時折良型のヒラメも喰ってきましたが、圧倒的にハタの数が多く、ヒラメは1。2〜2.6kが船中6枚で0〜2枚でした。ゲストのハタは0.6〜2.8kが3〜8尾で船中38尾釣れてお客さんからはどっちが本命だかわからないですねと言われてしまいました。明日もヒラメ専門とハタ専門に出船確定です。

2020年1月21日(火)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ヒラメ専門 10〜15m 逆潮1.0kt 北西 16℃ 大原沖 2〜7枚 0.5〜2.5k
ハタ専門 30m 真潮0.4kt 北西 18℃ 大原沖 1〜5尾 0.8〜4.7k ヒラメ0〜2枚 1.5〜4.1k

ヒラメ専門とハタ専門で出船。ヒラメはトップ7枚、スソでも2枚と皆さん型を見てくれましたが、数も型も偏ってしまいました。ハタは強風と潮の流れ緩慢のため、先日のようには数が伸びませんでしたが、大型のハタやヒラメも交じって釣れていました。明日もヒラメ専門とハタ専門で出船します。

2020年1月16日(木)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ヒラメ 8m 逆潮0.6〜0.3kt 北西 17℃ 太東沖 6〜10枚 0.7〜2.5k
ハタ 40m 真潮0.5〜1.0kt 北西 18〜19℃ 太東沖 7〜12尾 0.6〜2.3k

ヒラメ専門とハタ専門で出船。ヒラメは開始早々に殆どの竿にアタリがあり、バラシもありましたが、一流しを終えると型見ずの人は一人だけとなっていました。その後は多少中だるみもあったりしましたが、1k超級〜2k超級主体で、朝の内出遅れた人が逆転トップの二桁10枚、2番手9枚・・スソでも6枚と平均して釣れました。欲を言えば大型ヒラメが交じればなぁと思いましたが、周りの僚船は釣れていたので明日以降に期待したいと思います。ハタは今日も好調に釣れてトップ12尾が2人でスソでも7尾と連日好調に釣れています。好調なだけに明日以降の時化予報が気になります。明日はヒラメ専門は出船確定です。

2020年1月15日(水)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ハタ 40m 真潮1.0k 北西 19.4℃ 太東沖 7〜17尾 0.6〜3.0k

海底調査が終わり、通常営業再開の今日はハタ専門で出船。朝の内は全く当たりませんでしたが、明るくなるにつれアタリが活発になってきて、終わってみれば、トップは1k級主体に私のハタの数の記録更新の17尾で、スソでも7尾と明日以降の釣果に影響を及ぼすのではないかと思うほどの喰いっぷりでした。1k級主体で最大3.0kで2k級も交じっていました。明日はヒラメ専門とハタ専門に出船します。

2020年1月5日(日)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ハタ 30〜50m 逆潮0.2kt 19.4℃ 大原沖 3〜6尾 0.8〜3.5k
ヒラメ専門 15m 逆潮1.0kt 17℃ 大原沖 1〜7尾 0.6〜3.1k

ハタ専門とヒラメ専門に出船。ハタは序盤から中盤は1k級のハタが数尾とヒラメが2枚とあまり奮いませんでした。終盤に行ったポイントで3.5kを筆頭に2.4k、2.1kも交じりながら、大型、良型のハタが活発に当たりました。悔やまれるのは、納竿直前に3.5kを頭に6尾釣ったお客さんの竿が強烈に絞り込まれていき、やり取りをしているうちに、根に潜られてしまいました。ここで丁度時間となりましたのでスパンカーを降ろしていると根から出てきたと言うので見ていると、重量感のある引きが大型のハタを期待させました。お客さんも先ほどの3.5kより重いと言うので、期待しながらタモ網を持ちながら海の中を覗いていると、大型のハタの姿が見えた時にポーンと竿が跳ねて、ハタが海底へと帰ってしまいました。お客さんも私もガックリしましたが、次の釣行に期待しましょうと帰港しました。釣果は0.8〜3.5kのハタが3〜6尾で皆さん1k超級を複数枚釣っていたので喜んでくれていました。ヒラメ専門船の方も良型主体に開始から納竿の時間まで順調に釣れていましt。明日、明後日は定休日です。また、ご迷惑をおかけしますが今週から来週の始めにかけて風力発電の海底調査のために松栄丸一艘で営業します。

2020年1月4日(土)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ハタ 30〜50m 逆潮0.2kt 18.9℃ 大原沖 0〜7尾 0.6〜2.2k
ヒラメ専門

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。新年初出船はハタ専門とヒラメ専門で出船しました。ハタは去年の大晦日に強風と速い潮流で良く釣れたポイントから始めましたが、今日は潮が動かず序盤はリリースサイズの小バタが1匹釣れただけでした。このポイントに見切りを付けて10分ほど沖のポイントに向かいました。ここで直ぐに右舷大ドモの竿が絞り込まれていき今年最初のハタは1.5kとまずまずの型でした。更に、魚を外して再度仕掛けを投入すると今度は本日最大の2.2kのハタが上がり、新年早々良型ハタの連発に右舷大ドモのお客さんの顔は満面の笑みを浮かべていました。その後も根周りをこまめに探って1k級主体に釣れていましたが、10名の内1人だけ型を見ることができませんでした。トップ7尾は大晦日と同じですが平均サイズは今日のほうが良かったと思います。ヒラメ専門は喰いが渋かったようです。明日もハタ専門とヒラメ専門で出船します。

2019年12月31日(火)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ハタ 45m 真潮1.7kt 南西強風 20.4℃ 大原沖 1〜7尾 0.7〜1.2k
ヒラメ専門 15m 真潮1.9k 南西強風 14℃ 太東沖〜大原沖 1〜6枚 0.6〜2.8k

今年最後の出船はハタ専門とヒラメ専門で出船しました。ハタ専門は南西の風が強くヒラメに転向しようかとも考えましたが、行けるとこまで行ってみようと思いゆっくりと沖へむかいました。いつもよりも近場のポイントで釣り始め、直ぐに0.7kのハタが上がり、一流しめは4尾釣れました。その後も流す度に数尾ずつ釣れて、トップは7尾、スソで1尾と皆さん型を見てくれました。大雨、強風と最悪の条件でしたが、皆さん頑張って下さり今年最後の釣行で型見ずの人が居なかったのでまずまずの釣果だったと思います。欲を言えばアタリが良かっただけに大型が欲しかったと思いますが、年明けに期待したいと思います。ヒラメ専門も順調に釣れていたようで、トップは6枚、スソで1枚とこちらも全員が型を見たようです。今年乗船してくださった皆様、本当にありがとうございました。来年もよろしくお願いします。なお初出船の四日はヒラメ専門とハタに出船します。

2019年12月30日(月)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ハタ&ヒラメ 30〜50m 真潮0.2〜1.6kt 北〜南東〜北西 17〜19℃ 太東沖〜大原沖 ハタ 0〜2尾 0.7〜1.1kヒラメ 0〜1枚 1.4〜2.4k 
ヒラメ専門 15m 逆潮0.8kt 北西 14℃ 太東沖〜大原沖 0〜3枚 0.5〜2.5k

ハタ&ヒラメとヒラメ専門で出船。ハタ&ヒラメ船は序盤太東沖でヒラメが数枚釣れただけだったので、大原沖まで移動しました。ここで直ぐに1k弱主体で型を見せはじめ、ダブルヒットやトリプルヒットもあり、殆どの人がヒラメかハタの型を見たのですが、1人だけ型を見ることができませんでした。ヒラメ専門船は終盤にアタリが良くなってきたのですが、三分の一のお客さんが型を見ることができませんでした。もう少し早く喰いが立ってくれたなら良かったのですが、なかなかおもうようにはいきません。明日はハタとヒラメ専門に出船します。風予報ですが、今年最後の一日頑張りたいと思います。

2019年12月29日(日)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ハタ&ヒラメ 30〜50m 逆潮0.2〜真潮1.5kt 17℃〜20℃ 太東沖〜大原沖 ハタ0〜1尾0.7〜1.2k ヒラメ 0〜1枚 0.8〜2.2k
ヒラメ専門 15m 逆潮0.5kt 14℃ 大原沖 0〜4枚0.6〜3.0k

ハタ&ヒラメとヒラメ専門で出船。ハタ&ヒラメは数日前までの釣れっぷりが一転不調になってしまいました。数日前まではダブルヒットやトリプルヒットなどもありましたが、昨日今日は、型が出てもそれっきで苦戦しました。ヒラメ専門船も数名型を見ることが出来なかったようです。明日もヒラメ&ハタのダブルターゲットとヒラメ専門に出船します。

2019年12月26日(木)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ハタ専門 30〜50m 真潮2.6〜0.5kt 20.8〜19℃ 大原沖 3〜7尾 0.7〜1.8k

ハタ専門で出船。昨日好調に釣れたポイントから始めましたが、適度に流れた昨日と違い、今日は潮流2.6ktとかなり速く120号のオモリを付けて再度流してみたところ、1k級が2尾釣れたのですが、ラインがどんどん出て行ってしまい釣りづらかったので、10分ほどの灘のポイントに移動しました。ここで1k弱のハタを各々3尾ずつ釣ってくれました。9時ころになると潮の流れが緩くなってきたので、朝のポイントに戻ってみたところ流れが緩くなっていて釣りやすく、トップは7尾、スソで3尾の釣果でした。明日はヒラメ専門に出船します。

2019年12月25日(水)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ハタ専門 40〜50m 真潮1.8kt 18.5℃ 大原沖 4〜9尾 0.6〜1.4k(1k級主体)
ヒラメ専門 15m 逆潮0.7kt 13℃ 大原沖 0〜5枚 0.6〜2.3k

ハタ専門とヒラメ専門に出船。ハタ専門は潮の流れ良く、喰い活発で11時前にイワシ餌がなくなってしまい早上がりしました。トップ9尾が2人で、2番手7尾、3番手6尾・・・スソでも4尾の釣果でした。ヒラメ専門船は釣る人が偏ってしまい型見ずの人がいました。明日は今のところ予約はありません。

2019年12月22日(日)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ハタ&ヒラメ船 40〜50m 真潮1.2kt 北東 19.4℃ 大原沖 ハタ0〜6尾 0.6〜1.8k
ヒラメ専門船 15m 逆潮0.7kt 北東 13.5℃ 大原沖 3〜6枚 0.5〜2.3k

ハタ&ヒラメとヒラメ専門で出船。ハタ&ヒラメは昨日朝一番でヒラメのアタリが良かった灘のポイントから始めましたが潮が動かず全く当たらなかったので、沖の方に25分かけて移動しました。このポイントは潮通しがよくハタの喰い良く、トップは6尾、2番手5尾、三番手4尾・・・と順調に釣れていましたが今日も1人だけ型を見ることができませんでした。その人も竿が絞り込まれていくアタリがあったのですが、バレてしまいそれっきりになってしまいました。今日はハタはアタリが良かったのですが、ヒラメは姿を見せてくれませんでした。ヒラメ専門船は順調に釣れてトップは6枚でスソでも3枚の釣果でした。明日はハタ&ヒラメの予約があるのですが、悪天候が予想されるためハタは無理だと思います。

2019年12月21日(土)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ハタ&ヒラメ船 30〜40m 逆潮0.4kt 北東 18℃ 大原沖 ヒラメ0〜2枚 0.8〜1.8k ハタ0〜3尾 0.7〜1.0k
ヒラメ専門船 15m 逆潮0.7kt 北東 14℃ 大原沖 0〜4枚 0.6〜2.3k ゲストにサワラ、ワラサ交じる

風力発電の海底調査のため暫くお休みをさせて頂きましたが、年内は昨日で終了しました。今日は久しぶりにハタ&ヒラメ船と、もう一艘はヒラメ専門船で出船しました。ハタ&ヒラメ船は夜明け前の一流し目はヒラメが6枚釣れましたが、ハタの型は出ませんでした。明るくなってきたので、北東強風で海の悪い中、ハタを求めて少しずつ沖へ沖へとポイント移動しました。何処へ行っても型ぐらいは出るのですがバタバタと当たることはなく、1人だけ型を見ることができませんでした。ヒラメ専門船の方も1人だけ型を見ることが出来なかったようです。明日もハタ&ヒラメ船とヒラメ専門船で出船します。

2019年12月7日(土)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ハタ 50〜60m 込逆潮0.3kt 20℃ 岩船沖 2〜3尾 0.7〜1.4k

ハタ専門で出船。冷たい雨と厳しい寒さの中、先日良型が釣れた三ヶ所のポイントを探りました。最初のポイントで、強烈なアタリで竿が絞り込まれていき、大型ハタのそれでしたが、ドラグをキッチリ締めていたせいで3度目の引きの時に上から切れてしまいました。同じ頃に隣で流していた僚船から3k超級が釣れたとの情報が入り、チャンスを逃してしまった感はありましたが、再び大型のハタが食らいつくのを期待しながら数回流しました。しかし、それ以降はアタリがなかったので、二ヶ所目、三ヶ所目と探りましたが、ことごとく空振りに終わり、時間ばかりが過ぎていきました。厳しい寒さの中、一生懸命に頑張っているお客さんのため、何とか釣ってもらおうと終盤、最後のポイントに向かいました。ここで直ぐに1k弱のハタが上がり、その後は、ダブルヒットやトリプルヒットもあり、お客さん4名と中乗り君2名の6名で、トップは3尾、スソでも2尾と皆さん複数尾釣ってくれました。明日報知新聞主催のヒラメ釣り大会です。

2019年12月5日(木)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ハタ&ヒラメ船 50〜60m 真潮0.5kt 北西 20℃ 岩船沖 1〜3尾 0.6〜1.9k
ヒラメ専門船 15m 逆潮0.5kt 北西 17℃ 大原沖 1〜3枚 0.7〜1.8k

ハタ&ヒラメとヒラメ専門に出船。ハタ&ヒラメ船は今日も序盤はアタリが悪かったのですが、中盤以降 型が出てきてトップは昨日と同じ3尾が2人で、スソは1尾と皆さん型をみてくれました。ヒラメは今日は型がありませんでした。ヒラメ専門船は中盤までは芳しくありませんでしたが、終盤当たり出してきて、こちらもトップは3枚、スソで一枚でした。明日はハタ&ヒラメに出船。

2019年12月4日(水)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ヒラメ&ハタ 50〜70m 逆潮〜込潮0.3kt 北西 18〜20℃ 岩船沖 ハタ 0〜3尾 0.7〜1.2k ヒラメ0〜1枚 1.0〜1.3k
鬼カサゴ  190m  真潮1.0kt  北西  20.7℃  御宿沖  0.7〜2.0k 3〜6匹 

ハタ&ヒラメと鬼カサゴに出船。ハタ&ヒラメ船は潮色に濁りが入ってしまったためなのか、開始2時間ほどは全く当たらず、澄んだ潮色の南よりのポイントに移動してから俄かにアタリだし、1時間半くらいは、ヒラメ交じりで型が出ていました。その後はアタリが悪くなってきたので、色々なポイントを探りましたが、これといったポイントにはあたりませんでした。今日はワンチャンスをものにしてトップはハタ3尾が2人でしたが、型見ずの人が1人だけいました。鬼カサゴ船は皆さん型をみてくれました。明日はヒラメ専門とハタ&ヒラメに出船確定です。

2019年12月3日(火)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
鬼カサゴ 190m 真潮1.0kt 北西 20.7℃ 御宿沖 0〜5匹 0.7〜1.8k

鬼カサゴに出船。序盤は水深140mダチを狙いましたが、全く当たらず、沖へ沖へと移動して水深190mダチのポイントを狙うと、2k弱の良型のダブルヒットで始まり、その後も流す度に良型主体で型が出ていましたが、釣れる人が偏ってしまい、トップは5匹でしたが、型見ずの人もいました。明日はハタ&ヒラメと鬼カサゴに出船確定です。

2019年11月22日(金)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ヒラメ 10〜15m 逆潮0.9kt 北西 18℃ 太東沖 2〜9枚 0.5〜2.2k

ヒラメに出船。冷たい雨の中、太東沖の浅場で概ね順調に当たっていました。イナダの猛攻に遭いながらも、本命のヒラメも釣れて、トップは9枚、スソでも2枚の釣果でした。明日はハタ&ヒラメ船とフグ専門に出船予定でしたが、悪天候が予想されるのでハタのポイントには行けそうもありません。近場のヒラメ、フグでも出船は微妙なところです。

2019年11月20日(水)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ヒラメ&ハタ 50〜70m 真潮0.2kt 北西強風 21℃〜20℃ 大原沖 ハタ 0.7〜3.7k 0〜3尾ヒラメ 0〜3枚 1.4〜2.6k

北西の強風の中、ゆっくりとヒラメ&ハタのダブルターゲットのポイントへと沖の方に一時間かけて向かいました。海の悪い中、仕掛けを投入しても一時間ほどは何もあたりませんでした。明るくなってきてから、1.4kのヒラメと1k級のハタのダブルヒットから漸く魚のアタリが出てきて、ほとんどの人は型を見てくれましたが、1人だけヒラメもハタも型を見ることができませんでした。明日もヒラメ専門かヒラメ&ハタのダブルターゲットのいずれかに出船します。

2019年11月17日(日)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ヒラメ&ハタ 65〜70m 真潮0.2kt 20℃ 大原沖 ヒラメ0〜5枚 1.2〜4.3k ハタ0〜2尾 0.6〜1.0k ゲストに3.5kサワラ 3k級のワラサ 他キントキなど
鬼カサゴ 180m 真潮1.0kt 22℃ 御宿沖 2〜4匹 0.7〜2.0k

ヒラメ&ハタのダブルターゲット船と鬼カサゴに出船。ヒラメ&ハタは昨日爆釣した水深70mの沈船周りからはじめました。しかし全くアタリなく、他の僚船も釣れていなかったので、少し南の方のポイントに移動してから良型、大型のヒラメが流す度に型が出ていました。型を見た人は皆さん複数枚釣ってくれてトップは5枚でしたが、2人の方がワラサやキントキは釣っていましたが、ヒラメ&ハタの型を見ることができませんでした。鬼カサゴは中盤までは潮の流れ緩慢でアタリが悪かったのですが、終盤沖のポイントに移動すると適度に潮が流れて良型の鬼カサゴがアイスボックスを賑わしていました。明日は定休日です。

2019年11月14日(木)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ヒラメ 15m 真潮1.3kt 南西強風 20℃ 太東沖 2〜4枚 0.5〜1.4k

ヒラメに出船。南西の風が強くあたりが多い割にはバラシ多く、数が伸びていきませんでした。それでもトップは4枚、スソでも2枚と皆さん複数枚釣ってくれました。ゲストにイナダ多数まじりました。明日もヒラメに出船確定です。

2019年11月10日(日)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
フグ 25m 逆潮0.4kt 21℃ 一宮沖 2〜9匹 17〜31p
ヒラメ 15m 逆潮1.0kt 20℃ 太東沖 0〜5枚 0.6〜2.3k ゲストにイナダ多数

フグとヒラメに出船。フグはアタリが悪く何処を流しても型が出るのがやっとの状態でした。唯一船上が沸いたのが、1.4kのトラフグが釣れたときでした。トップは二桁届かず、9匹でスソは2匹でした。ヒラメはトップ5枚、二番手4枚で概ねアタリは良かったようですが、1人だけ型を見ることができませんでした。明日はヒラメに出船確定です。

2019年11月9日(土)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
フグ 25m 逆潮0.4kt 北東 21.5℃ 一宮沖 2〜12匹 18〜34p
ヒラメ 0〜3枚

休み明けの今日はフグとヒラメに出船。フグは中盤まではサバフグの猛攻に遭いショウサイフグは船中10匹くらいしか釣れていませんでした。中盤以降灘のポイントで2.2kのトラフグが上がり、ショウサイフグも少し釣れましたが、トップが二桁いくのがやっとの状態でした。ヒラメ船の方はワカシの猛攻に遭い、イワシ餌の消費が激しく9時過ぎに餌がなくなってしまって早上がりとなりました。明日もヒラメとフグに出船します。

2019年11月4日(月)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
フグ 28m 逆潮0.4kt 北東 22℃ 一宮沖 13〜23匹 17〜33p
ヒラメ 40m 真潮0.4kt 北東 23℃ 岩船沖 0〜2枚 0.6〜1.3k

フグとヒラメに出船。フグは昨日よりも喰いが少し落ちて、トップは23匹で、スソは13匹でした。ヒラメ船は昨日と違ってアタリがかなり悪く、トップは2枚でしたが、ほとんどが型を見ることができませんでした。明日から八日まで休業です。 

2019年11月3日(日)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
フグ 27m 真潮0.3kt 22℃ 一宮沖 8〜32匹 18〜36p
ヒラメ 40m 真潮0.6kt 23℃ 岩船沖 0〜4枚 0.6〜2.0k

フグとヒラメに出船。フグは序盤は絶不調だった昨日同様船中数匹しか釣れませんでした。中盤に差し掛かるころ、一宮沖の方で型でているという情報が入り、向けてみました。仕掛けを投入すると次々と竿が曲がっていき、大、中、小交じりながら漸くフグ釣りらしくなってきました。釣果はトップが32匹でスソは8匹でした。ヒラメは昨日と同じ様な喰いを見せていましたが、18名中2名の方が型を見ることができませんでした。明日もヒラメとフグに出船確定です。

2019年11月1日(金)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ハタ 62〜70m 真潮1.7kt 北西微風 24.5℃ 大原沖 1〜5尾 0.7〜1.9k
ヒラメ 62〜70m 0〜2枚 0.9〜2.7k

ヒラメ&ハタのダブルターゲットで出船。大原沖水深62〜70mのポイントを選択しました。今日は潮通し良く、一流し目から1k級主体のハタが喰ってきました。ハタに比べてヒラメのアタリはで今一つでした。ハタは全員が型を見てくれて、トップ5尾が3名で、一人を除いて皆さん0.7〜1.9kを複数尾釣ってくれました。ヒラメは1人が2枚釣っただけでした。明日はいすみ市主催の沖釣りフェスタに2艘ヒラメの予定でしたが、仕立て船がここに来てドタキャンされてしまい急遽フグで参加する事になりましたが昨日の今日ではそんなに集まらないと思います。

2019年10月31日(木)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
フグ 28m 逆潮0.4kt 22℃ 白子沖 23〜37匹 18〜36p
ハタ 40m 逆潮0.5kt 23℃ 大原沖 0〜2尾 0.5〜0.8k

フグとハタに出船。フグは序盤は中、小型が目立ちましたが、中盤以降良型、大型がまじってきました。とっぷは37匹スソで23匹でした。ハタはお客さん2人で1人は型を見ることができませんでしたが、各々3.0kと5.5kのヒラマサを釣ってお土産にはなりました。明日はヒラメ&ハタに出船確定です。

2019年10月29日(火)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
キントキ 100m 真潮2.6kt 東北東 25.3℃ 大原沖 小型1匹
ハタ 65m 真潮1.3kt 北東 24℃ 岩船沖〜大原沖 0〜5尾 0.6〜1.1k

キントキ&ハタのリレーに出船。最初キントキ釣りから始めました。ポイントに着いて反応を探すもいつものような反応がなく、更に2.6ktの速い潮流と大雨と海の悪さに悩まされながらも数回流しましたが、小型のキントキが1匹釣れただけだったので、早々にハタに切り替えました。流してすぐに1k未満のハタがトリプルヒットしました。その後はワラサやカンパチの青物と小型のヒラメなども交じって何とかお土産になりました。明日はフグは出船確定です。

2019年10月28日(月)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
フグ 28m 逆潮0.4kt 北東 22℃ 白子沖 20〜27匹 21〜38p
ヒラメ 17m 逆潮1.0kt 北東 20.8℃ 太東沖 1.3k1枚

フグとヒラメに出船。フグは白子沖28mで中盤までは、余り芳しくありませんでしたが、終盤になると喰いが少し良くなって良型、大型のフグが釣れて、トップは27匹、スソで20匹の釣果でした。スソの人は最後の最後で1.4kのトラフグを釣ってくれました。ヒラメは今日もアタリ悪く苦戦しました。明日はキントキ&ハタのリレーに出船します。

2019年10月27日(日)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ヒラメ 17m 逆潮1.0kt 北西 20.8℃ 太東沖 0〜1枚 0.5〜1.2k

時化続きで一週間ぶりの出船でヒラメを狙いましたが、時化の影響で潮の濁りがきついためあたりがほとんどなく、型をみるのがやっとの一日でした。明日はヒラメ専門とフグ専門に出船確定です。

2019年10月20日(日)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
キントキ&ハタ 100m〜65m 真潮1.2〜2.3kt 34.9℃〜22℃ 大原沖 キントキ 5〜12匹 27〜38p ハタ 0〜4匹 0.6〜1.5k

仕立て船のキントキ&ハタと乗り合いのヒラメに出船。キントキ&ハタ船はキントキから始めました。序盤は潮の流れも丁度いい感じで、良型の三点掛けなどもあり、順調な滑り出しでしたが、次第に潮の流れが2.3ノットと速くなり、それと同時にサバフグの猛攻に遭いオマツリ続出となってしまいました。キントキの型も出なくなってきたので終盤ハタに転向しました。ハタのポイントは、適度に潮が流れて1時間半程で、1k級主体に船中12匹釣れたところで沖上がりしました。ヒラメはアタリが今一つで、型見ずのひとが3名いました。明日は定休日です。

2019年10月6日(日)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ヒラメ 17m 込逆潮1.4kt 北東強風 24℃ 前根 0〜4枚 0.5〜1.8k 0〜8枚 0.6〜2.3k

ヒラメに出船。2艘で太東沖の浅場を攻めて、0〜4枚、0〜8枚の釣果でした。あすは定休日です。

2019年10月5日(土)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ヒラメ 40m 逆潮0.5kt 24.7℃ 太東沖 0〜4枚0.6〜2.5k
フグ 27m 逆潮0.2kt 24.4℃ 太東沖 12〜30匹 19〜32p

フグとヒラメに出船。フグは朝の一流し目はポツポツと釣れていたのですが、明るくなってくるとサバフグの猛攻に遭い釣果が伸びていきませんでした。中盤以降サバフグの猛攻が少し収まって来た時に再びショウサイフグが釣れてきて、30匹釣ったところで止めてしまったお客さんがトップでスソは、貸し竿の女の子が12匹で、平均は20匹くらいでした。ヒラメは今日も1人だけ型を見ることができませんでした。明日はヒラメに出船確定です。

2019年10月2日(水)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ヒラメ 30〜56m 逆潮0.3kt 24.4℃ 太東沖 0〜3枚 0.5〜1.8k

ヒラメに出船。昨日のような釣果を期待しましたが、昨日よりも遥かにアタリが少なく、昨日のちょうかの半分も釣れませんでした。アタリはあるにはあったのですが、バラシ多く釣果が伸びていきませんでした。一人だけ型を見ることができませんでしたが、釣ったひとは複数枚釣ってくれました。明日もヒラメに出船します。

2019年10月1日(火)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ヒラメ 40m 逆潮0.2kt 24.4℃ 太東沖 3〜11枚 0.6〜2.2k

ヒラメに出船。全面解禁初日、選択したポイントは太東沖40mで第一投目から1k級のヒラメが当たりだし、一流しめは2時間半流しっぱなしで釣れていました。ただアタリが多いせいかお客さんもアワセが雑になっていたみたいで、アワセ損ねもかなりあり、イワシ餌の消費が激しく9時半ころ餌がなくなってしまい沖上がりしました。トップは11枚で二桁釣ったひとが3名で、続いて8枚、6枚・・・でスソ3枚でした。全面解禁初日にいいスタートができたので、明日以降もこの調子が続くことを期待したいものです。

2019年9月30日(月)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ヒラメ 48m 逆潮0.3kt 24.7℃ 太東沖 6〜9枚 0.4〜2.1k
フグ 27m 逆潮0.3kt 24.7℃ 白子沖 25〜50匹 19〜33p

ヒラメとフグに出船。ヒラメはお客さん一人で出船。序盤から順調に釣れて中、小型主体でしたが、二人で15枚釣って早上がりしました。フグは昨日と同じ様な釣果でした。明日は全面解禁初日のヒラメと鬼カサゴに出船確定です。

2019年9月29日(日)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
フグ 27m 真潮0.3kt 24℃ 白子沖 18〜58匹 19〜33p
鬼カサゴ 120〜180m 真潮0.6kt 25℃ 御宿沖 0〜1匹 0.8〜1.5k

フグと鬼カサゴに出船。フグは反応はあるのですが、釣れ具合はここ数日で一番悪かったです。それでもトップは58匹、スソで18匹と何とかお土産にはなりました。鬼カサゴはアタリが悪く、型を見ることが精一杯で1人だけ型を見ることができませんでした。明日はフグとヒラメに出船確定です。

2019年9月28日(土)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
フグ 26m 逆潮0.3kt 微風 24℃ 白子沖 18〜80匹 20〜34p
ヒラメ 40m 逆潮0.3kt 微風 24℃ 太東沖 0〜3枚 0.6〜2.1k

フグとヒラメに出船。フグはアタリは昨日ほどではなかったものの、まずまずの喰いで、トップは定量80匹でスソは貸し竿のビギナーの人が18匹でした。ヒラメは今日も1人だけ型を見ることができませんでした。明日は今のところフグは出船確定です。

2019年9月27日(金)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
フグ 26m 逆潮0.3kt 東北東 24.5℃ 白子沖 44〜80匹 21〜36p
ヒラメ 40m 逆潮0.3kt 東北東 24.5℃ 太東沖 0〜4枚 0.6〜1.7k

フグとヒラメに出船。フグは開始早々から入れ食い状態が続きました。流し始めは中、小型が目立ちましたが南の方へ流れて行くに従って良型主体で釣れて、9時半ころ定量となり早上がりしました。ヒラメはトップは4枚でしたが、1人だけ型を見ることができませんでした。明日は今のところフグは出船確定です。

2019年9月22日(日)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
フグ 27m 逆潮0.3kt 北東 24℃ 白子沖 28〜64匹 21〜36p
ヒラメ 40m

フグとヒラメに出船。フグは開始早々からアタリ良く、流す度に良型主体でポツポツと釣れて、終わってみれば、今シーズン一番の釣果でした。貸し竿の人もいたのですが、アタリが良かっただけに「楽しい、楽しい。」と夢中になって釣っていました。ヒラメは2名型見ずの人がいましたが、中乗りの裕介君が釣ったヒラメでお土産にしてもらいました。明日23日から26日まで祭礼のため休みです。休み明けもヒラメとフグに出船します。

2019年9月19日(木)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
フグ 25m 込潮0.3kt 24.7℃ 白子沖 13〜40匹 19〜38p
ヒラメ 30〜40m 込真潮0.5kt 25℃ 太東沖 1〜2枚 0.6〜1.5k

フグとヒラメに出船。フグは序盤はアタリが悪く、小型主体に各々数匹釣れただけでした。中盤以降少し南よりのポイントで良型主体にポツポツと釣れて、トップは40匹で、スソで13匹の釣果でした。ヒラメはアタリは少なかったのですが、何とか皆さん型をみてくれました。明日はフグは出船確定です。

2019年9月15日(日)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
フグ 26m 逆潮0.3kt 北東 24.4℃ 白子沖 12〜21匹 22〜36p
ヒラメ 40m 逆潮0.5kt 北東 26℃ 太東沖 0〜4枚 0.6〜2.3k

ヒラメとフグに出船。ヒラメは太東沖40mでトップは4枚でしたが、型見ずの人も数名いました。フグはウネリがあるため昨日ほどは当たらず、トップは21匹、スソで12匹でした。明日は予報悪く出船は取りやめます。

2019年9月14日(土)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
フグ 26m 逆潮0.3kt 24.4℃ 白子沖 17〜46匹 24〜37p
ヒラメ 40m 真潮0.5kt 26℃ 太東沖 0〜6枚 0.6〜2.0k

フグとヒラメに出船。フグは昨日よりも少し沖のポイントで、数、型ともに昨日を上回りました。フグ釣り初挑戦の女の子が17匹釣った後寝てしまいましたが、その他の人は30匹を越えて、トップは46匹でした。ヒラメは1人だけ型を見ることができませんでしたがその他の人は複数枚釣って、トップ6枚でした。明日もフグとヒラメに出船確定です。午前中はなんとか出船できそうです。

2019年9月13日(金)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
フグ 23m 込真潮0.3kt 北東 24.4℃ 白子沖 31〜34匹 21〜35p
ヒラメ

ヒラメとフグに出船。ヒラメはアタリ少なく苦戦を強いられていたようです。フグも昨日よりも平均サイズと数が若干落ちたように感じました。釣果は3名で31匹、32匹、34匹で皆さん頑張ってくれて、そんなに差が出ず平均していました。明日もヒラメとフグに出船確定です。

2019年9月12日(木)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ヒラメ 30m 逆潮0.4kt 北東 24℃ 太東沖 1〜2枚 0.6〜1.3k
フグ 23m 込潮0.3kt 北東 23℃ 白子沖 26〜50匹 23〜33p

ヒラメとフグに出船。ヒラメは昨日と違ってアタリが悪く、皆さん型を見るのがやっとの状態でした。フグはお客さん2名で出船。釣り始めからポツン、ポツンと釣れていました。北東の風が強く、海が悪くなってきたので、トップが50匹釣ったところで沖上がりしました。明日もヒラメとフグに出船確定です。

2019年9月11日(水)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ヒラメ 40m 逆潮〜真潮0.7〜0.3kt 南西 24.8℃ 太東沖 0〜6枚 0.5〜2.4k ゲストに4.3kの大鯛
ヒラメ 30m 逆潮〜真潮0.5kt 南西 24℃ 太東沖 1〜6枚 0.6〜2.1k

ヒラメに2艘で出船。一艘は灘のポイントで、私は沖のポイントで始めました。灘のポイントは序盤から順調に釣れていました。沖のポイントは序盤はパッとしませんでしたが、中盤以降、小魚の反応の中 1k級主体に釣れ出してきて、トップは6枚、2番手4枚・・・でしたが、1人だけ数回アタリがあったのですが、そのいずれもバラしてしまい型を見ることができませんでした。もう一艘は全員が型を見ての帰港となりました。明日はヒラメとフグに出船かくていです。

2019年9月10日(火)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ヒラメ 40m 逆潮0.2kt 微風 24.7℃ 太東沖 0〜1枚 1.0〜1.3k
ハタ 40m 0〜1尾 0.9〜1.5k

ハタ&ヒラメのダブルターゲットで出船。潮が流れないせいなのか、底荒れしているためなのか、アタリが悪く、ヒラメもハタも数が伸びていきませんでした。それでもヒラメとハタの両方ゲットした方、ヒラメ、ハタのいずれかを釣った方といましたが、二名の方が型見ずで終わってしまいましたが、サワラとカサゴは釣ってくれました。明日はヒラメに出船確定です。

2019年9月7日(土)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ヒラメ 30〜40m 真潮0.2kt 23℃ 太東沖 0〜2枚 0.5〜2.0k
フグ 30m 込潮0.3kt 23℃ 太東沖 10〜30匹 24〜41p

ヒラメとフグに出船。ヒラメは昨日アタリの良かったポイントから始めましたが、今日はアタリ少なく苦戦しました。フグは太東沖水深30mのポイントで、朝の内は良型主体に釣れていましたが潮が澄んでいるため徐々にアタリが悪くなってきました。それでもトップは30匹釣ってくれて、スソは最後の最後で二桁10匹釣ってくれました。明日は台風接近のため出船を見合わせます。

2019年9月5日(木)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ヒラメ 40m 逆潮0.5kt 北東 23℃ 太東沖 1〜5枚 0.8〜3.5k

ヒラメに出船。ポイントが遠いので早く出船したかったのですが、お客さんが少々遅れてきたので、他船よりも遅れて出船しました。沖のポイントへは開始時間に間に合わないので灘のポイントから始めました。魚探の反応は濃いものの4流しやってアタリが2回あっただけでいずれも針がかりはしませんでした。沖に向かった僚船からは良型主体で数枚釣れたとの情報が入り、沖に向かって移動しました。仕掛けを投入してしばらくすると中乗りの裕介君の竿がギュンギュンと絞り込まれ、続いて右舷ミヨシの竿も重量感のある引きを巻き上げていました。ヒラメを取り込むと、いずれも3k超級の良型でその後も流す度に型が出てトップは5枚、すそで良型を1枚と皆さん型をみてくれました。明日もヒラメに出船確定です。

2019年8月29日(木)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
イサキ タナ10〜15m 真潮0.3kt 南西強風 22℃ 大原沖 14〜32匹 23〜33p

イサキに出船。南西の強風が吹いているので、一番近いポイントを選択しました。しかし反応はあるもののリリースサイズのイサキとメバルが釣れただけでしたので、このポイントに見切りをつけ、沖のポイントまでトコトコと向かいました。ここで中、小型主体ながらも良型も結構交じって溜めていきました。トップは私の孫が32匹で、スソは14匹でしたがゲストに3.3kの大鯛を釣ってくれて、お土産にはなりました。明日は今のところ予約はありません。

2019年8月25日(日)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
スルメイカ 150m 真潮0.6kt 北東 22℃ 勝浦沖 15〜22杯 29〜39p
鬼カサゴ 130m 真潮0.5kt 北東 22℃ 御宿沖 1〜3匹 0.7〜1.5k

スルメイカと鬼カサゴに出船。スルメイカは潮の流れほどよく、中盤までは流す度に型が出ていたのですが、終盤になると極端に乗りが悪くなり、数が伸びていきませんでした。鬼カサゴはビギナーの人も型を見てくれて全員が鬼カサゴを持っての帰港となりました。明日は今のところ予約はありません。

2019年8月24日(土)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
キントキ 100m 真潮1.8kt 南西 25℃ 大原沖 0〜11匹 28〜41p

キントキに出船。1.8ノットの潮流とサバの猛攻とオマツリに悩ませながらも、何とか型が出ていたので、粘っていましたが、8時ころになると、反応が出なくなってきたので、太東沖の方に探索に行きましたが、ハタとカサゴの型が出ただけでキントキは当たりませんでした。釣果はトップは11匹、2番手9匹が2人でその他のお客さんも数匹型を見てくれたのですが2人型を見られませんでした。明日は鬼カサゴとスルメイカに出船します。

2019年8月11日(日)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
イサキ タナ10〜15m 逆潮0.5〜真潮0.6kt 南西 24℃ 大原沖 41〜50匹 25〜38p ゲストに3kのヒラメ 他バラシ数回あり
鬼カサゴ 120m 真潮1.7kt 南西 26℃ 御宿沖 0〜2匹 0.5〜1.7k

イサキと鬼カサゴに出船。イサキは朝の一流しはシマアジを狙いましたが、アタリなく、僚船の釣況も芳しくなかったので、イサキに転向しました。良型の釣れるいつものポイントで中盤まではダブルやトリプルもあり順調に釣れていました。これくらいアタリが良ければすぐに定量になるなと思っていたら、終盤アタリが遠くなってきて、それから色々なポイントを探り10時30分ころ定量となりましたので沖上がりしました。鬼カサゴは11名の内4名が型を見ることができませんでした。明日はシマアジ&イサキに出船確定です。

2019年8月10日(土)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
イサキ タナ10〜15m 真潮1.0〜0.4kt 南西 22℃ 大原沖 39〜50匹 26〜40p
鬼カサゴ 120m 真潮1.7kt 南西 25℃ 御宿沖 0〜3匹 0.7〜1.7k

鬼カサゴとイサキに出船。鬼カサゴは潮が速かったのですが、何とか底ダチが取れて型が出ていましたが、1人だけ型を見ることができませんでした。イサキはいつもの良型のでるポイントに向かっていましたが、水温が26℃と高く、潮流も2ノット近く流れていたので、太東沖のポイントに方向転換。ここで中型イサキが数匹ずつ釣れましたが流す度に釣れなくなってきたので、いつものポイントに向かってみました。すると潮色に濁りが入り水温も22℃に下がっていて、流れも緩やかで絶好の状態になっていました。反応に乗せ仕掛けを投入するとすぐに良型イサキ特有の小気味いい引きが全員の竿から伝わってきました。時折ハリスを切られたりしましたが、ダブルやトリプルなどもあり、10時ころ定量となり早上がりしました。明日もイサキと鬼カサゴに出船確定です。

2019年8月4日(日)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
シマアジ&イサキ タナ10〜20m 真潮0.4kt〜逆潮0.3kt 南西 21℃ 大原沖 シマアジ0〜1尾 0.5〜0.7k イサキ 7〜36匹 25〜37p
真鯛 15〜30m 真潮0.4kt 南西 21℃ 大原沖 0〜3尾 0.5〜1.0k

シマアジ&イサキのリレーと真鯛に出船。シマアジ&イサキはシマアジから始めました。開始早々からシマアジが当たったのですが、小型は釣れるものの強烈な引きの大型は根の潜られたり、バラしたりと上手くいきませんでした。二流し目以降はアタリが遠くなってきたので、イサキに転向しました。イサキは序盤は大したことなかったのですが、いつもの大型狙いのポイントに行くと喰いが良く、良型イサキの小気味いい引きがお客さんを楽しませていました。人生の超大先輩が一桁7匹で終わってしまいましたが、殆どの人は20匹以上釣ってくれて、トップは36匹でした。真鯛は朝のうちは型が出ていたのですが、陽が高くなるにつれ、喰いが悪くなってきたようです。明日は定休日です。八月八日の木曜日はスルメイカに出船確定です。

2019年8月3日(土)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
鬼カサゴ 140m 真潮1.0〜0.5kt 南西 24℃ 御宿沖 1〜3匹 0.6〜1.6k
スルメイカ 150m 真潮0.4kt 南西 22℃ 勝浦沖 6〜18杯

鬼カサゴと仕立て船はビギナーの人達を乗せてスルメイカに出船。鬼カサゴは5名のお客さん全員が型をみてくれました。スルメイカはオマツリ続出の中、何とか型がでていたようです。明日はシマアジ&イサキ船と真鯛に出船確定です。

2019年8月2日(金)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
シマアジ 型見ず
イサキ タナ10〜20m 真潮0.2kt 南西 22.1℃ 大原沖 9〜25匹 24〜34p

シマアジ&イサキに出船。序盤はシマアジを狙いましたが、喰い渋く、シマアジを狙っている9艘のうち型をみたのは2艘が1尾ずつ釣っただけで、その後は釣れた船もないようなのでイサキに転向しました。良型主体に釣れるいつものポイントに向かいました。濃い反応の割にはアタリが今一つの感じで、釣れてくるイサキもいつもと違って中、小型のイサキが交じってしまいました。その後は良型イサキを求めて移動してトップは25匹、スソで9匹の釣果でした。明日は仕立て船と鬼カサゴに出船確定です。

2019年7月30日(火)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
シマアジ タナ10〜15m 真潮0.5kt 南西 21℃ 大原沖 0〜1尾 0.5〜1.4k
イサキ  タナ10〜20m  真潮0.2kt  南西 21℃  大原沖  3〜23匹 24〜36p
 鬼カサゴ 130m  真潮0.7kt   南西 23℃  御宿沖  1〜4匹 0.6〜1.5k 

イサキ&シマアジと鬼カサゴに出船。リレー船はシマアジから始めましたが、アタリがある人が限られていて、それもハリス切れやバラしもあり数が伸びていきませんでした。7時半頃からイサキに転向して、こちらも釣り座によって差がかなり出てしまいトップは良型主体に23匹でしたが、スソは3匹で終わってしまいました。鬼カサゴは皆さん型をみてくれました。明日はイサキに出船確定です。

2019年7月27日(土)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
イサキ タナ10〜15m 真潮1.4kt 南西 24℃ 大原沖 1〜28匹 23〜35p
鬼カサゴ 120m 真潮2.5kt 南西 25℃ 御宿沖 0〜2匹 0.4〜1.5k

イサキ&シマアジと鬼カサゴに出船。イサキ&シマアジは貸し竿のビギナーの人達を乗せて、先ずは、昨日終盤良型のイサキが良く釣れたポイントでお土産を確保してからシマアジを狙おうとしましたが、昨日と違って潮色が澄み、流れも速くビギナーの人達には難しい釣りとなってしまいました。これではマズいので、潮の流れない太東沖のポイントに向かいました。ここで中、小型イサキが10匹くらい釣れましたが、お客さんの面倒を見ていた中乗りの裕介君が5匹釣って、お客さんは型を見たていどでした。その後はアタリが遠くなってきたのでシマアジに向かいましたが、唯一のアタリでばらしてしまい、このままではお土産にならないと思い9時半ころ再び朝一番のポイントに向かいました。朝同様潮は速かったのですが、中乗りの裕介君だけは、流す度に良型イサキを2匹、3匹と釣って終了の時間まで28匹釣っていました。この間お客さんは全く釣れなかったので中乗りの釣ったイサキを分けてお土産にしてもらいました。オニカサゴは今日も潮が、かなり速く型をみるのがやっとのようでした。明日は鬼カサゴは出船確定です。

2019年7月26日(金)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
イサキ タナ10〜15m 真潮0.3kt 南西 24℃ 大原沖 18〜48匹 25〜37p

シマアジ&イサキに出船。8時過ぎまでシマアジを狙いました。数尾喰わしたのですが、クッションゴムが切れたり、ハリを伸ばされたり、根に入られたり、ハリスを切られたり、バレたりと中々船に取り込むことができず、まるで中々振り向いてくれない絶世の美女を相手にしているかのようでした。このまま最後までシマアジを狙いたかったのですが、お客さんからお土産が欲しいとのことなので、遅ればせながらイサキに向かいました。お土産程度釣れればなぁと思っていたら、意外にも良型主体に喰い良く、納竿の時間までトップは定量に僅かに届きませんでしたが48匹で、スソでも18匹とお土産には充分になりました。明日は鬼カサゴとイサキ&シマアジに出船します。台風接近中ですが、午前中は出船できると思っています。

2019年7月20日(土)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
イサキ タナ15〜25m 逆潮0.3kt 北西 21℃ 大原沖 16〜42匹 25〜37p
鬼カサゴ 140m 真潮2.5kt 北西 23℃ 御宿沖 1k1尾
午後真鯛  10m  真潮0.3kt   微風 21℃  太東沖  1〜3尾 0.5〜1.2k 

イサキと鬼カサゴと午後真鯛に出船。イサキは今日も良型、大型狙いのポイントでトップは42匹、スソでも16匹でした。鬼カサゴは船中1匹でした。午後真鯛は太東沖の浅場で皆さん型を見てくれました。明日はイサキに出船確定です。

2019年7月19日(金)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
イサキ タナ15〜25m 真潮0.2kt 南西 21℃ 大原沖 9〜37匹 26〜39p

イサキに出船。良型、大型狙いのポイントで朝の内を中心に釣れて、トップは37匹スソで9匹の釣果でした。ゲストに1k級の真鯛が上がり、沖上がり30分前にシマアジを狙いましたが、水面でバレてしまいました。明日はイサキ&シマアジ船は出船確定です。鬼カサゴにも出船したいと思いますので、お電話お待ちしております。

2019年7月15日(月)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
イサキ タナ13m 逆潮0.3kt 北東 21℃ 大原沖 24〜50匹 24〜34p
鬼カサゴ 130m 逆潮0.7kt 北東 24℃ 御宿沖 0〜4匹 0.7〜2k

イサキと鬼カサゴに出船。イサキは航程15分の近場のポイントで序盤からダブルやトリプルと喰い活発で定量早上がりしました。鬼カサゴはトップは4匹でしたが、型見ずの人もいました。明日は定休日です。

2019年7月13日(土)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
キントキ 100m 逆潮0.3kt 微風 23℃ 大原沖 4〜22匹 23〜35p

キントキに出船。朝の暗いうちはサバの猛攻に遭い仕掛けが底まで届きませんでした。二流し目になるとサバのアタリが少なくなってきて、キントキのアタリが多くなってきて、お客さん10人の竿が一斉に揺さぶられる場面もありました。陽が高くなるにつれてアタリが遠くなってきて数が伸びていきませんでした。トップは22匹でスソは4匹の釣果でした。明日は鬼カサゴとイサキに出船確定です。

2019年7月11日(木)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
イサキ タナ15〜25m 逆潮0.4kt 北東 21℃ 大原沖 15〜50匹 23〜32p

イサキに出船。朝の内は大型狙いのポイントから始めましたが、数匹釣れただけだったので、一昨日釣れたポイントに向かい9時過ぎにトップは定量に近くなったので、シマアジを狙いにいきました。ここからイサキは数匹釣れたのですが、やっと喰わしたシマアジに根に潜られてしまい、切られたところで、沖上がりしました。明日は鬼カサゴの予約が入ってますがこれからの予報で出船か中止かを判断したいと思います。

2019年7月9日(火)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
イサキ タナ15〜25m 逆潮1.0kt 北東 21℃ 大原沖 17〜44匹 22〜34p

イサキに出船。序盤は絶不調だったシケ前と同様にアタリはかなり悪く、今日も悲惨な釣果に終わるのかなと思いつつ大原沖のポイントに向かいました。中盤までは、流す度に数匹釣れる程度でしたが、次第にアタリが良くなってきて、大、中、小交じりながらトップは44匹、スソで17匹、平均30匹の釣果でした。復調気味の抱卵イサキに明日も出船します。

2019年7月2日(火)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
イサキ タナ15〜20m 真潮0.2〜0.6kt 南西 21℃ 大原沖 26〜50匹 24〜35p

イサキに出船。朝のうちは順調に釣れていたのですが、それ以降アタリが悪くなり数が伸びていきませんでした。終盤再びアタリが活発になり、トップは定量50匹となり、沖上がりしました。明日は鬼カサゴとイサキに出船確定です。

2019年6月29日(土)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
イサキ タナ10〜20m 逆潮0.2〜込潮0.4kt 16〜19.7℃ 太東沖〜大原沖 26〜36匹 25〜36p
鬼カサゴ 130m 真潮0.4kt 20℃ 御宿沖 0〜3匹 0.6〜1.8k

イサキと鬼カサゴに出船。イサキは昨日の台風の影響なのか水温低下で喰い渋く、序盤から中盤にかけて皆さん一桁の釣果で全く奮いませんでした。終盤良型主体で釣れる大原沖のポイントに向かうと、水温が3℃以上も高くなっていました。仕掛けを投入するとすぐに良型イサキ特有の小気味いい引きがお客さんの竿を揺さぶっていました。ここで1匹ずつでしたが入れ食い状態になり、トップは36匹、スソで26匹釣ったところで納竿の時間となり帰港しました。鬼カサゴは1人だけ型を見ることができませんでした。

2019年6月26日(水)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
イサキ タナ10〜20m 真潮〜逆潮0.2kt 微風 20.1℃〜22.1℃ 太東沖〜大原沖 37〜50匹 25〜36p
鬼カサゴ 150m 真潮0.3kt 微風 23℃ 御宿沖 2〜4匹 0.7〜2.3k

イサキと鬼カサゴに出船。イサキは開始早々から大、中、小交じりで活発にアタリだしました。右舷、左舷で喰いっぷりが違いましたが、横流しでできたため、交互に流して船全体で満遍なく釣ってもらいました。終盤ある程度決まりがついてから、大型狙いのポイントに向かい、ここで良型、大型イサキを釣ってもらい、9時半ころ定量となり沖上がりしました。トップは定量50匹、スソでも37匹で船を降りるときのアイスボックスはズッシりと重かったです。鬼カサゴは今日も皆さん複数匹釣っていました。明日は今のところイサキは出船確定です。

2019年6月25日(火)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
鬼カサゴ 150m 込み真潮0.3〜0.9kt 20.8〜22.8℃ 御宿沖 2〜5匹 0.7〜2.1k

鬼カサゴに出船。三名のお客さんと中乗りの裕介君の計四名での釣行、開始早々2k級の鬼カサゴが型を見せてくれました。一流しを終える頃には、お客さんは全員良型、大型の鬼カサゴをゲットしてくれましたが、中乗り君だけは小型の鬼カサゴでした。その後も流す度に良型主体で、釣れていましたが、何故か中乗りの裕介君だけは小型しか釣れませんでした。お客さんは5匹
、5匹、3匹と良型ばかり釣って、鬼カサゴ釣りを充分に堪能したようです。明日はイサキと鬼カサゴに出船確定です。

2019年6月23日(日)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
イサキ タナ10〜20m 真潮〜逆潮0.2kt 19℃ 太東沖〜大原沖 6〜42匹 25〜37p
鬼カサゴ 130m

イサキと鬼カサゴに出船。イサキは中盤までは中、小型主体で釣っていましたが、釣り座で差が出てしまい両舷のトモの方が良く釣れていました。終盤良型、大型狙いのポイントでやはり釣り座で差が出てしまいましたが、今度は両舷の舳先の方が良く釣れて、中盤までの遅れをとり戻すかのように入れ食い状態になりました。一時間ちょっとで30匹程釣った人もいました。中盤までの不調で定量とはいきませんでしたが、釣れてくるイサキが良型、大型なので釣り座が有利になった舳先のお客さんは喜んでいましたが、中盤まで順調に釣れていたトモの方のお客さんは、恨めしそうに見ているだけの状態でした。鬼カサゴは1人だけ型を見ることができなかったようです。明日はイサキ船とキントキ五目船で出船します。

2019年6月21日(金)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
イサキ タナ10〜20m 真潮0.5〜1.3kt 南西 18〜22℃ 太東沖 18〜33匹 25〜36p
鬼カサゴ 130m 真潮1.5kt 南西 22℃ 御宿沖 1〜4匹 0.6〜2.0k

イサキ&シマアジと鬼カサゴに出船。イサキ&シマアジは中盤まではイサキを狙いました。朝のうちは中、小型主体でしたが、次第に良型主体に釣れ出しました。終盤シマアジを狙い、中々アタリのない中、やっと喰わしたシマアジが無情にもバレてしまいました。鬼カサゴは1〜4匹と皆さん型をみてくれました。明日もイサキと鬼カサゴと午後真鯛と午後の鬼カサゴに出船確定です。

2019年6月19日(水)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
イサキ タナ15m 出し真潮0.5kt 南西 18℃ 太東沖 10〜32匹 23〜31p

イサキに出船。良型を狙いましたが、朝の内だけで、その後はアタリが悪くなってきたので、やむおえず中、小型主体のポイントで何とかお土産を確保しましたが、不完全燃焼の一日となってしまいました。明日もイサキは出船確定です。

2019年6月14日(金)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
イサキ タナ15〜25m 真潮0.5kt 南東 18℃ 大原沖 8〜22匹 29〜37p
鬼カサゴ

イサキと鬼カサゴに出船。イサキは大型、良型狙いのポイントで、30p超級が殆どで釣れる度「でっかい、でっかい」の声があっちこっちから聞こえていました。釣り座によって差が出てしまい、トップは22匹でスソは8匹でした。もう少し数が伸びてくれれば良かったのですが、お客さんから「型がいいだけに満足しました。1.5号や1.7号ではハリス切れやトラブルが多かったので今度来るときは2号のハリスを用意してきます。」と言っていました。鬼カサゴは今日も1人だけ型を見ることができませんでした。明日もイサキと鬼カサゴの予約があるのですが予報がかなり悪く出船は難しいと思います。

2019年6月13日(木)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
イサキ タナ10〜15m 逆潮0.3kt 北東 17℃ 大原沖 3〜35匹 28〜36p
鬼カサゴ 120m 真潮0.4kt 北東 17℃ 御宿沖 0〜3匹 0.5〜1.6k

イサキと鬼カサゴに出船。イサキは良型狙いのポイントから始めましたが、反応少なく一流し終えたところで数匹しか釣れませんでした。ここからが大変でした。様々なポイントで最初の流しは、何とか型が出るものの二流し目は型が出ないの繰り返しで数が伸びていきませんでした。終盤、最初のポイントに戻ってみると反応が朝一よりも濃く、流してみると朝よりも明らかにアタリ良く、少し格好がついてきました。トップは35匹で、人生の大先輩がスソで3匹に終わってしまいましたが、平均は20匹強でした。オニカサゴは1人だけ型を見ることができませんでした。明日もイサキと鬼カサゴに出船確定です。

2019年6月12日(水)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
イサキ タナ10〜15m 逆潮0.3kt 北東 16℃ 大原沖 24〜34匹 26〜35p
鬼カサゴ 120m 真潮0.4kt 北東 20℃ 御宿沖 0〜5匹 0.5〜2k

イサキと鬼カサゴに出船。イサキは中盤までは、良型主体で釣っていましたが、次第に喰いが悪くなってきたのでその後は色々なポイントを探り何とかお土産になりました。鬼カサゴは1人だけ型を見ることができませんでした。鬼カサゴは1人だけ型を見ることができませんでした。明日もイサキと鬼カサゴに出船確定です。

2019年6月9日(日)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
イサキ タナ10〜15m 逆潮0.3kt 北東 17℃ 太東沖〜大原沖 26〜50匹 27〜36p
鬼カサゴ 120m 真潮0.4kt 北東 20℃ 御宿沖 1〜3尾

イサキと鬼カサゴに出船。イサキは昨日終盤にアタリが良かったポイントに向かいました。反応が良かったので、すぐに釣れると思いきや。なかなか型が出ませんでした。周りの僚船も同じ様な状態だったので、このポイントに見切りをつけ、移動しましたが、2番目、3番目のポイントも全く型が出ず、開始一時間過ぎても船中0匹の笑えない状態でした。ここで先日型が出なかったものの大型イサキの釣れることで定評のあるポイントに向かってみました。投入してすぐに右舷大ドモの竿が良型イサキ特有の小気味いい引きを伝えていて、取り込むのにバレてしまいそうな大型イサキでした。この一匹が今までの絶不調を好転させて、あっちこっちの竿が曲がっていきました。その後も順調に釣れて、トップは定量50匹、スソで26匹の釣果で10時半頃沖上がりしました。今日は最初全くダメだったのでどうなる事かと心配されましたが、終わって見れば、久しぶりの良型、大型主体でしたので、お客さんから「充分、満足したよ。」という言葉を頂きました。鬼カサゴ船も皆さん型をみてくれたようです。明日はイサキは出船確定です。

2019年5月28日(火)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
鬼カサゴ 130m 逆潮0.3kt 南西強風 18℃ 御宿沖 0〜3匹  0.6〜1.5k

鬼カサゴに出船。南西の強風が予想される中、凪のうちに何とか決めてしまいたかったのですがサメの猛攻に遭いその合い間を縫って鬼カサゴが釣れるという状態でした。トップは3匹でしたが、型みずの人もいました。沖メバル、ユメカサゴもまじりました。明日はイサキと鬼カサゴの予約がありますが、悪天候が予想されるので、気象情報を注視してみたいと思います。

2019年5月26日(日)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
イサキ タナ15〜25m 真潮1.0kt 南西 18℃ 大原沖 18〜36匹 24〜33p
鬼カサゴ 120m 真潮1.5kt 南西 20℃ 御宿沖 0〜3匹 0.6〜1.8k

イサキと鬼カサゴに出船。イサキは色々なポイントを探ってためていきました。鬼カサゴは1人だけ型を見ることができませんでした。明日はイサキに出船確定です。

2019年5月24日(金)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
イサキ タナ15〜25m 真潮0.4kt 北〜南 16℃ 大原沖 10〜50匹 24〜34p
鬼カサゴ 120m 真潮0.7kt 北〜南 18℃ 御宿沖 1〜4匹 0.7〜1.8k

パソコンの調子が悪くて、中々更新ができませんでした。今日はなんとか動いたので更新が出来ます。今日はイサキと鬼カサゴに出船。イサキは序盤は大型、良型を狙いました。中盤以降アタリがなくなってきたので、中、小型主体のポイントに移動してダブルやトリプルで数が伸びていきましたが、釣り座で大きく釣果に差が出てしまいました。トップは定量50匹でしたが、スソは、なんとか二桁10匹釣るのがやっとでした。鬼カサゴは全員型を見たようです。明日もイサキと鬼カサゴに出船確定です。

2019年5月14日(火)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
イサキ タナ10〜15m 真潮0.7kt 南西 18℃ 大原沖 50匹 24〜34p

イサキにお客さん一人で出船。開始早々から喰い活発で中乗りの裕介君は2時間余りで50匹を超えていました。お客さんが定量になるのを待って9時ころ沖上がりしました。

2019年5月6日(月)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
イサキ タナ25〜15m 真潮0.7kt 17.6℃ 大原沖 19〜50匹 24〜37p

イサキに出船。良型の出るポイントで序盤から中盤にかけてダブルやトリプルもあり順調に釣れていましたが、徐々に喰いが悪くなってきたので、ポイントを代えてみました。ここのぽいんとでやや小ぶりのイサキも交じってしまいましたが、トップは定量50匹、スソで19匹の釣果でした。明日は定休日です。休み明けはイサキに出船確定です。もう一艘の鬼カサゴ船は予約待ちです。

2019年5月3日(金)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ハタ&ヒラメ 40m 真潮0.3kt〜逆潮0.7kt 微風 16℃ 太東沖〜大原沖 ヒラメ0〜2枚 1.4〜5.7k ハタ0〜2尾0.4〜0.7k
鬼カサゴ 120m 真潮0.7kt 微風 16.6℃ 太東沖 0〜2匹 0.7〜1.5k

ハタ&ヒラメと鬼カサゴに出船。ハタ&ヒラメ船は潮が流れず、マトウダイは釣れるのですが、ハタ&ヒラメは9時過ぎまで船中1.4kと2kのヒラメが2枚、ハタは小型が船中3尾の悲惨な釣果でした。終盤に大原沖まで移動してすぐに5.7kと3.9kの大鮃のダブルヒットがあり、その後も2k級のヒラメと小型のハタが数匹釣れましたが、全体的に厳しい一日となってしまいました。鬼カサゴ船はサメの猛攻に遭い、こちらも数が伸びていきませんでした。明日もハタ&ヒラメ船と鬼カサゴに出船確定です。

2019年4月29日(月)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
イサキ タナ20〜25m 真潮0.6kt 南東 16℃ 大原沖 16〜50匹 26〜38p
ヒラメ&ハタ 45m 真潮0.7kt 南東 16℃ 太東沖 ヒラメ0〜3枚 0.7〜4.3k ハタ0〜2尾 0.4〜1.0k

イサキとヒラメ&ハタに出船。イサキは開始早々から活発に釣れ,中盤以降は大型揃いで、イサキ特有の小気味いい引きがお客さんを楽しませていました。ゲストに1.5k〜2.3kの中鯛が交じりました。ヒラメ&ハタは太東沖の水深45mでヒラメは良型、大型が目立ちましたが、ハタは小型主体でした。明日はヒラメに2艘仕立て船で出船確定です。

2019年4月28日(日)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ハタ&ヒラメ 40〜70m 逆潮0.3kt 14℃ 大原沖 ヒラメ 0〜2枚0.7〜2.2k ハタ1〜4尾 0.4〜0.7k
鬼カサゴ 120m 真潮0.7kt 15℃ 御宿沖 0〜3匹 0.5〜1.7k
午後真鯛 30〜50m 真潮0.7kt 16℃ 太東沖 0〜1尾 0.5〜2.3k

ハタ&ヒラメと鬼カサゴに出船。ハタ&ヒラメ船のヒラメは2名型を見ることができませんでした。ハタは皆さん型をみてくれましたが、竿を絞り込んでいくような良型は出ませんでした。鬼カサゴ船も1名型を見ることができませんでした。午後真鯛はアタリ少なく型をみるのがやっとの状態でした。明日はハタ&ヒラメ船とイサキに出船かくていです。

2019年4月26日(金)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ヒラメ&ハタ 35〜15m 逆潮0.4〜1.7kt 北北東 15℃〜13℃ 太東沖 0〜4枚 0.5〜2.2k ハタ0〜1尾0.4〜0.5k

ヒラメ&ハタで出船したのですが、北北東の風が次第に強くなってきたので、2時間ほど沖のポイントを狙ってから、灘の方でヒラメを狙いました。釣果はトップ4枚で、一人を除いて皆さん型をみてくれました。明日もヒラメ&ハタは出船確定です。

2019年4月24日(水)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ヒラメ&ハタ 35m 真潮1.0kt 16℃ 太東沖 ヒラメ 0〜2枚 0.6〜2.5k ハタ 1〜6尾 0.4〜2.5k
イサキ  タナ18m 真潮1.0kt 16℃ 大原沖 17〜43匹 23〜34p

イサキとハタ&ヒラメに出船。イサキは色々なポイントで最初の流しは釣れるのですが、二流し目になると極端に喰いが落ちてしまうので、あっち、こっちで探りながら溜めていきました。ヒラメ&ハタも概ね順調に釣れていました。明日もヒラメ&ハタとイサキに出船確定です。

2019年4月22日(月)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ヒラメ&ハタ 30〜40m 真潮0.1kt 微風 15℃ 太東沖 1〜2枚 0.7〜3.2k

ヒラメ&ハタに出船。潮が流れない中、朝のチャンスタイムで皆さん良型主体に型を見てくれました。陽が高くなってくるとアタリが悪くなったにでハタを狙いましたが小型だけでした。

2019年4月21日(日)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ヒラメ&ハタ 30〜40m 真潮0.2〜0.6kt 南西 15℃ 太東沖 ヒラメ 0.7〜3.5k 0〜4枚
            ハタ 0〜2尾 0.4〜0.8k 
鬼カサゴ 120m 真潮1.2kt 南西 17℃ 御宿沖 0〜6尾  0.5〜2.1k
南西

ヒラメ&ハタと鬼カサゴに出船。ヒラメ&ハタ船のヒラメは2k超級主体でトップ4枚が2人で、3枚、2枚と釣った人は複数枚釣ってくれましたが、型見ずの人も数名出してしまいました。ハタは大型釣れず0〜2尾でした。鬼カサゴもトップは6尾釣っていましたが、こちらも型見ずの人を出してしまいました。明日はヒラメ専門に出船確定です。

2019年4月18日(木)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ヒラメ 30〜40m 真潮0.3kt 北東 15℃ 太東沖 ヒラメ 0.7〜2.5k 0〜3枚
ハタ 0〜4尾

ヒラメ&ハタのダブルターゲットで出船。朝のチャンスタイムはヒラメが良型主体に数枚釣れました。陽が高くなってくると次第にハタが型をみせはじめましたが、良型は出ませんでした。釣果は中乗り君を入れた7名で、ヒラメが0.7〜2.5kを0〜3枚、ハタが0.4〜0.8kを0〜4尾で、一人船酔いしながらも何とか頑張ってくれたのですが、鮃もハタも型を見なかったので、中乗り君が釣った魚でお土産にしてもらいました。明日はヒラメ専門は出船確定です。

2019年4月16日(火)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
イサキ タナ25〜10m 真潮0.3kt 15.6℃ 大原沖 31〜34匹 24〜33p
  ゲストのシマアジ3〜6尾 26〜37p

今シーズン最初のイサキ釣りをお客さん1名で出船。潮色がかなり澄んでいるため、様々なポイントの最初の流しはダブルやトリプルもあり釣れるのですが、二流し目になるとあたりが悪く数が伸びていきませんでした。お客さんが34匹、中乗り君が31匹釣ったところで、灘の方の水深15m、タナ10mのポイントに行くといきなり二人の竿が引き込まれていき、ハリスを切られてしまいました。仕掛けを替えて再び投入すると再び小気味いい引きを堪能しながら巻き上げてくると26〜37pのシマアジが水面に姿を現しました。特にお客さんはダブルで釣れて、その後も1.7号のハリスをプツプツときられながらも、お客さんが6尾、中乗り君が3尾と釣ったところで沖上がりしました。明日はハタ&ヒラメ船は出船確定です。

2019年4月14日(日)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ハタ 30〜70m 真潮0.7〜1.3kt 15〜17℃ 太東沖〜岩船沖 0〜3尾 0.5〜1.4k ゲストのヒラメ0〜3枚 1.3〜5.1k
ヒラメ専門 15m 逆潮0.7kt 13℃ 太東沖 0〜3枚 0.6〜1.8k

ハタ専門とヒラメ専門で出船。ハタは太東沖30mを攻めましたが、ハタの型を見られず、3k〜5kの大型のヒラメが5枚釣れただけでした。ヒラメを狙うならここで粘りもしましたが、本命のハタが当たらないので、岩船沖水深70mのポイントまで大移動しました。ここで漸く1k級のハタ数尾と1k〜3k級のヒラメや鬼カサゴ、カンコ等も交じって釣れましたが、魚のアタリに見放されたひとが2名いました。ヒラメ専門船は1人だけ型を見ることができませんでした。明日は定休日です。

2019年4月10日(水)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ハタ 30〜40m 逆潮0.6〜0.3kt 14.5℃ 太東沖 1〜7尾 0.5〜2.2k
ゲストのヒラメ0〜5枚 0.8〜1.8k

ハタ専門で出船。ポイントは太東沖水深30〜40mを選択しました。前半は良型ヒラメがほとんどで7時過ぎにはヒラメが11枚で本命のハタは小型が3尾釣れただけでした。中盤以降に漸くハタが当たりだしてきてトップは1k級主体に7尾とヒラメの1,5k級を5枚釣ってくれました。スソで1尾でしたが皆さんゲストのヒラメを一人除いて複数枚釣ってくれました。ヒラメの型がなかった人も本命のハタを2.2kを頭に4尾釣って充分に堪能されたようです。中乗り君を含めた6名でハタが0.5〜2.2kを1〜7尾で船中17尾、ゲストのヒラメ0.8〜1.8kを0〜5枚で船中13枚の釣果でした。明日はイサキの予約がありますが予報がかなり悪いので、出船は難しいと思います。

2019年4月8日(月)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ヒラメ 15m 逆潮1.5kt 北東 14℃ 太東沖 1〜5枚 0.6〜2.4k

鬼カサゴに出船予定でしたが、悪天候のため、ヒラメに出船しました。朝のチャンスタイムは外してしまいましたが、その後釣れ出してきて、2k級も交じりながらポツポツと釣れていました。北東強風と雨で非常に寒く、1枚釣ってやめてしまった人以外は3〜5枚と皆さん複数枚釣ってくれました。10時過ぎるとお客さんから寒いので早上がりしましょうとのことで帰港しました。明日今のところ予約はありません。

2019年4月7日(日)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ハタ 40〜30m 逆潮1.2〜0.5kt 北西 14.7℃ 太東沖 0〜5尾 0.4〜1.5k ゲストのヒラメ0〜3枚 0.7〜3k

ハタに出船。ハタは0.4〜1.5kを船中19尾で0〜5尾でした。ゲストの鮃も良型主体に船中12枚上がり、ハタの型を見なかった人も良型ヒラメを釣ってお土産になりましたが、1人だけ型を見ることが出来ず、中乗り君が釣ったヒラメを渡してお土産にしてもらいました。明日は鬼カサゴとヒラメに出船確定です。

2019年4月5日(金)

ヒラメ専門とハタ専門で出船。ヒラメはお客さん2名で0.7〜1.4kを2〜4枚の釣果でした。ハタ専門船も皆さん型をみてくれて、ゲストの鮃も1.4〜2.5kが数枚まじりました。明日はハタ専門に出船確定です。

2019年4月3日(水)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ハタ 18m 逆潮0.2〜真潮1.0kt 16〜15℃ 太東沖〜大原沖 1〜5尾 0.4〜1.5k
鬼カサゴ 120m 真潮0.5kt 17℃ 御宿沖 〜6匹 0.6〜1.7k

ハタと鬼カサゴに出船。ハタはトップ5尾、スソで1尾でゲストにヒラメも交じり何とか皆さん型をみてくれました。鬼カサゴも1〜6匹の釣果でした。明日はハタ専門とヒラメ専門に出船確定です。

2019年4月2日(火)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ヒラメ 18m 逆潮0.3〜0.7kt 北西 14.7℃ 大原沖 0〜4枚 0.6〜2.2k

ヒラメに出船。お客さん7名と中乗り君2名の9名での釣行。開始してすぐに、ポンポンと0.6〜2kが7枚釣れて幸先いいスタートでした。その後も若干アタリが悪くなりましたが、流す度に型が出ていて、トップ4枚が3名2番手3枚、3番手2枚と皆さん複数枚釣ってくれましたが、一人貸し竿のビギナーの人が2k級を喰わせながらも、ヨリモドシが竿先にあたっているのもかかわらず、巻き続けてしまったため、パチンと切れてしまい仕掛けと共に海底へ戻って行きました。結局これが最後まで響き型を見ることができませんでした。明日はハタ専門は出船確定です。

2019年3月31日(日)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ヒラメ 15m 逆潮0.1〜0.6kt 北北東 14℃ 太東沖 0〜4枚 0.8〜2.4k
ハタ 30〜40m 真潮1.0kt 南西 16℃ 岩船沖 0〜3尾 0.4〜1k

ヒラメ専門とハタ専門で出船。ヒラメはイワシの反応なく潮も流れない中、アタリがありませんでした。7時過ぎたころ、北北東の風が吹いてきて、流れ始めるにつれ、アタリが出てきて釣れてきました。一人型を見ることができませんでしたが、その他の人は複数枚釣ってくれました。ハタも1人を除いて皆さん型をみてくれました。明日は定休日です。

2019年3月29日(金)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ヒラメ 15m 逆潮1.3kt 北東強風 15℃ 太東沖 5〜7枚 0.5〜2.9k
鬼カサゴ 120m 真潮1.0kt 北東強風 16℃ 御宿沖

ヒラメと鬼カサゴに出船。ヒラメはお客さん一人と私と中乗り君の三人で出船。今日は竿数が少ないので苦戦が予想されましたが、いきなり私の竿に2.9kの良型ヒラメがかかり、その後もポツポツと釣れて、お客さんが5枚、中乗り君が6枚、私が7枚の釣果でした。オニカサゴは釣る人が偏っていました。トップは7匹、スソで1匹と何とか皆さん型をみてくれました。明日はハタ専門と午後の鬼カサゴに出船確定です。

2019年3月28日(木)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ヒラメ 15m 真潮1.3kt 南西〜北東 16℃ 岩船沖〜大原沖 1〜4枚 0.5〜1.8k
ハタ 35m 真潮1.0kt 南西〜北東 16.5℃ 大原沖 1〜4尾 0.4〜1.5k

ヒラメ専門とハタ専門で出船。ヒラメは朝のチャンスタイムにはアタリがありましたが、その後はあたりが少なくなってきました。それでも少ないチャンスを活かし皆さん型をみてくれました。ハタは出船時南西の風が強く、行けるとこまで行こうとゆっくりとポイントに向かいました。徐々に凪て来て、こちらも皆さん型をみてくれました。明日はオニカサゴは出船確定です。

2019年3月27日(水)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ヒラメ 15m 真潮0.7kt 南西 14℃ 太東沖〜大原沖 0〜2枚 0.6〜1.5k
ハタ 40m 真潮1.4kt 南西 15.6℃ 岩船沖〜大原沖 0〜6尾 0.4〜2.0k

ヒラメ専門とハタ専門でで出船。ヒラメはイワシの反応はあったのですが、ヒラメのアタリ少なく苦戦しました。ハタはポツポツと釣れていましたが、1人だけ型を見ることができませんでした。明日もヒラメ専門とハタ専門に出船確定です。

2019年3月22日(金)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ヒラメ 10〜40m 真潮0.7〜1.0kt 南西〜北 14〜15℃ 岩船沖 1〜4枚 0.5〜1.4k
ハタ 35〜60m 真潮1.3kt 南西〜北 15℃ 大原沖 3〜8匹 0.4〜2.0k

鮃専門とハタ専門で出船。鮃は反応はなかったのですが朝のチャンスタイム中心に釣れて、トップは4枚、スソで1枚で、殆どの人が複数枚釣ってくれましたが小型が主体でした。ハタも順調に釣れていました。明日もヒラメ専門とハタ専門で出船確定です。

2019年3月21日(木)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き 水 温 ポイント 釣 果
ハタ 50〜35m 真潮3.0kt〜0.4kt 南西強風 17℃〜15℃ 大原沖〜太東沖 0〜3尾 0.5〜1.4k ゲストの鮃0〜2枚 1.2〜2.2k
鬼カサゴ 120m 真潮1.7kt 南西強風 16℃ 勝浦沖 1〜7匹 0.5〜1.8k

ハタと鬼カサゴに出船。ハタは3ノットの速い潮流と南西強風が相まってオマツリ続出で苦戦しました。昨日まで順調に釣れていたポイントを諦めて、潮流の緩慢なポイントを求めて太東沖まで大移動して、ここのポイントでヒラメ交じりで10尾ほど釣れましたが、数名型を見ることができませんでした。鬼カサゴはトップは7匹、スソで1匹と皆さん型をみてくれました。明日はヒラメ専門とハタ専門に出船確定です。

2019年3月20日(水)
釣 り 物 水 深 潮 流 風向き